スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

.14 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)




去年に確か、亀の小銭入れを作った記憶が。
あれは亀好きな職人さんに送ったのだけど、今回の亀ももしかしたら気に入るかもしれない。

でもこの亀は、別に何の細工があるというのでもないが。


ただの、革の亀。





昨日作り始めたけど、思ったよりも亀は構造が複雑。
それほど手を込ませることもないと思ったのに、案外難しいつくりなのだと気がついた。

昨日の夕暮れ時、私はようやく頭と背甲と腹甲を作り終わって、四肢はまだだった。


午前中から始めたのに、構図の単純化と制作手順を考えているうちに昼を回った。

革を選ぶのはそれほど時間がかからなかった。
何せ革は、どっさりもらったばかりで、その中から爬虫類向けの色合いや質感の革を選ぶことが出来た。


結局夕食の後でも、終わっていない細かい部分が気になって、夜も作っていた。




今日の午前中に、最後の縫い付けを終わらせて、亀の出来上がり。
昨晩進ませていなかったら、きっと今日の午後も作っていただろう。

亀は面白い形の生物だ。


随分勉強になった。









今日は本当は何も作らない日にしたいと思っていた。

その上、昨日は突風が吹き荒れる日だったのに、今日は風も落ち着いて暖かい晴れた日。
表に出たいなぁ、と朝からずっと空を見ていた。



出来上がってすぐ、昼食は抜きにして亀を連れて海へ向かった。

でも。


海は海で、すごい状態だった。

昨日の風で、砂浜には積み上げたかのような海草の丘が出来ていた。
それも波打ち際一面に。

ハエがご馳走とばかりに海草に群がり、そこら中がブンブンと羽音の唸り、海草の蒸した匂いに包まれていた。


砂浜の端のほうに海草がないところを見つけ、そこに亀を置いて写真を撮る。

せっかく来たけど、海草がうずたかく積まれている砂浜では歩くことも出来ない。
着いて早々、帰宅することになった。









帰りたくなさそう↑




帰り道、図書館によって本を借り、買い物をして戻る。

リンゴを一つ買って、家に帰ってから亀にもあげることにした。




亀は爬虫類の中でも比較的、人との摩擦が少ないと思う。
多分、攻撃的な見た目でもないし、その風変わりな姿とかゆっくりした動作がそうさせるのだろう。


革の亀を見ていても、何だか和んでしまうのだから。







なんか可愛いもの



スポンサーサイト

comment

Kinu
Eaさん、すごいカメが生まれました。
Eaさんの観察眼には参りました。
甲羅のたての筋の具合、
脚のつめ、動き、
頭部の形、首の付け根、
ほんとうに素晴らしい出来栄えです。
砂の上を歩く彼、そのまま海に入って行きそうです。

我が家の庭にもときどきカメが出没しますが、
甲羅がもっと丸くもりあがっていて(半球)、
結構首が長いように見えます。
庭のコンポースにやってきたりします。
一度池に落ちてあがれずもがいていた亀を救いました。
あのままにしていたら溺れていたかもしれません。

カメの動作は遅いですが、
それでもちょっと目を離すと
結構どこかに消えていってしまいます。

とにかく、素晴らしいカメの誕生に拍手を贈ります。
2010.03.15 10:22
ea
生き物は面白いですね!
作っていると、外側から見ただけの印象とはかなり違うことを知ります。

とても複雑だし、とても機能的。
そしてこうした多様な個々の状態を保って繁殖してきたことを
しみじみ凄いと感じざるをえません。
制作中に、何度『神様、あなたは素晴らしい』と呟いたでしょう

私は進化論に賛成ですが、そこに別の力も含まれている気がして。
カメ一つ、とってみても、その気持ちは深く心に沁みています。

私の作ったカメは日本のカメが参考になっています。
でも参考、というだけでそっくりではないのですが
Kinuさんの庭に来たカメ、ハコガメなのですね。
図鑑を見ていたら、ミシシッピや北米のカメは随分種類が多くて驚きました。
こんなに沢山・・・と思って、そのどれがKinuさんの庭に?と
本当、御地は豊かな自然に包まれた素敵な場所です。

Kinuさん、カメを助けたのですね。
確か以前にも黒い大きなカメを助けてあげていましたね。
きっと恩返しに来ますよ
でもKinuさんの助けた命は数え切れないから、
もしかしたらしょっちゅう恩返しに遇っているのかもしれませんが。

私のカメを褒めてくださってありがとうございます。
今日は生き物じゃない制作なのですが、
これから動物を作る機会が増えると思います。

頑張りますね
2010.03.15 11:45

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。