スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行く川

.19 2010 一人芝居の部屋 comment(2) trackback(-)




ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。
よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。
世の中にある人とすみかと、またかくの如し。



方丈記の出だしを思い出した。

これを書いた長明さんも、読んで覚えた数多くの人も、同じ人間で同じことを心に思うのだろう。




ふといろんなことが過ぎる時がある。
私の場合は、良い思い出が極端に少ないため、大体苦い記憶が甦るのだが。

その苦味に慣れることはないが、このところは解釈をするようになった。


過去はどうやったって、消せもしなければ変えられもしないのだ。
だから、

そう、「だから」と続ける解釈。

今生きている時間を確かな意志と行動で紡いでいかなければ、と。
そう、解釈するようになった。
逃げではない。だって事実、これより他できないのだから。





今日、長く会っていなかった人達と会った。
それは妙な感じだったが、世間から離れて毎日を生きている私にとって、誰と顔を合わせてもこうなるのだろうと思った。
自分がすごく遠くにいる感じだ。
体は自分の思うことを話したり、手振りがまじったりするのに、自分の中身はどこか遠くに置き忘れてきた感じ。


人と離れて暮らしていると、こうした感覚が生まれてくるものなのかも。

誰と話していても、『ああ、ここは私には不自然なんだ』と頭にこだまする。
笑ってみても、冗談を言ってみても、近況の話をしているだけでも、空蝉のよう。

だから少しだけ、現実味を混ぜておこうと思った。

どうせこうなるんじゃないかと予想はしていた。 
それで出掛けに携えた紙袋に入れて持ってきた二組の革と、糸のついた針。
会って話していた人達にそれを渡して、縫ってみたらどうか、と持ちかけた。


過去に関わった人たちが、もう現在の自分の場所と随分離れていると分かっても、今こうして顔を見たのも一瞬の関わりと刻めるように。
私の変化した人生のほんのちょっとを伝えておこうと思った。

渡した革は、もう形も縫い目もある状態で、後は縫うだけ。
それも布を縫う並み縫いで、1本針で縫うだけ。
縫いあがると小さい袋が出来上がる。 それに紐を通してビーズを付けるのみ。













それでも革を縫うというのが初めての人たちは、始めこそ喋ってあれこれ訊いてきたけど、少しするとすぐに夢中になって縫い続けた。

ビーズを通して完成した簡素な革の袋を見て、嬉しそうに笑っていた。
縫うのって時間かかるんだね、と笑い、『あ~疲れた~・・』と針を放した。


一人に『いつもこんなことしているの?』と訊かれて、『もっと地味だよ』と答えた。



巾着一つで無言の時間が流れているのに、毎日巾着以上に手間取るものを作って年月が過ぎる。
どれだけ無言の時間がとうとうと流れ続けていることか。
それを選んだ自分がいて、対面した人たちに距離を置いた理由がそこにあって。


その後私は短い時間を過ごして、じゃあねと手を振って帰った。
また季節が変わったら会うのかもしれないし、会わないかもしれない人達にお別れをして。





行く川の流れに立ってみて、ふと見やった水の行き先。
私が過去に見た水は、今じゃとっくにどこかに流れ出ているのだ。

それは常に、常に流れ続けている。






スポンサーサイト

comment

Kinu
ほんとうにこのフレーズは簡潔にして
実に「人生は・・・」を感じさせてくれます。
記憶力には自信がないので、
多分それが作用しているのかもしれませんが、
私は過去の嫌なことはあまり覚えていないのです。
もしかしたら脳の中で削除しているのかもしれません。
懐かしいこと、楽しかったことは結構覚えています。

ドッグ・ウィスパラーという番組があるのですが、
私の大好きな番組で殆どのエピソードを観ています。
問題のある犬をドッグ・ウィスパラーの
シーザー・ミラン氏がその家に出向いて
問題に取り組み解決していくという設定です。
氏がいつも言うのですが、
犬はどんな過去を持っていても
現在を生きる生き物。
その過去に固執する人間の気持ちが
飼い犬の行動に影響を与えるのだ、
とミラン氏は常に言います。

確かにミラン氏が問題を持つ犬のリーシュを持ち一緒にあるくと、
たちまちのうちに問題の犬が
まったく飼い犬の見本のように忠実に行動をとるのです。
リーシュを持つ人間の心理状態が
リーシュを通して犬に伝わっていくのだ、と。
確かに動物は気配に敏感でなくては
本来生きていけないわけですから、
このことは頷けます。

なんだか話がまた動いてきてしまいました・・・

人間は考える生き物なので実に難しいですね。

このところ春がどんどん辺りを覆ってきていて、
いろいろな植物が芽吹き、花開いてきています。
明日から明後日にかけて寒冷前線通過にあたり
また気温がかなり下がるとの予報が出ています。
開き始めた花や新芽に被害がでませんように、
と願っているのです。

よい一日を。
2010.03.21 11:00
ea
Kinuさんは過去の嫌なことは忘れてしまうという・・・
それはとても良いことだと思います。
私もそうでありたいのですが、この性分は手こずります。
私はまだ未熟なのですね。

そうですか。 犬が察する人の気配・・・
そういえば、似ている話を見たことがあります。
動物が人間の気配で随分態度が変わること。
それまで『この犬(猫もあり)はこういう性格』、
そうやって飼い主が思っていたのに会う人で変化してしまうという。

私の友人がそういう人で、なぜか動物の近くに行くと
必ず動物のほうが気にするのです。
吠えたり、走ってきてお腹を見せたり、目立つ行動をします。
でも不思議なことにその人は大して動物大好き人間でもないのですよ。
その人に特徴的なことがあるとしたら、
それは、動物も人間も全く同等であると認めていることくらいです。

きっとそうした意識が何らかの形で動物に伝わっているのでしょうね。
何とも不思議な場面を見るたびに『何で?』と首を傾げていましたが・・・

人の依存する何かを動物が察知して反応するのですね。
良かれ悪しかれ、本人が気が付いていなくても動物には。


御地、明日から寒くなりそうなのですね。
春の花々は大丈夫ではないかと思います。
いい加減なことはいえませんが、ある人に聞いたことがあります。
『花は、散る時に散る。』という言葉。
花はよほどのことがなければ散らないそうです。
一度咲き始めた花は、散る時を知って散るもので、
風が吹こうが雨が降ろうが散る時こそ近くなければ
散りはしないそうです。
強いのですね、花って。

どうかその『よほど』の気温になりませんように祈ります。

良い日になりますように。




2010.03.21 20:02

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。