スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小休止~針金~

.23 2010 他素材の部屋 Other material comment(3) trackback(-)




針金は本当のところ、あまり使いたくないものだ。

金属というのは、様々な形で日常に役立っているけど私は少し抵抗がある。
大きな理由に、金属の特性上やっぱり便利だからだろう。

革で使う金具も便利といえば便利。
こうした針金になっている金属も、贅沢を言わなければ基本を抑える形くらいにはなってくれる。
その便利さが、・・・・・抵抗なんだけど。


『贅沢を言わなければ』、というのは、畑違いの金属は私には上手に使えない。
だから結局そこそこ自分が必要としている形状で納得せざる得ない。

この真鍮の針金は、普通の針金よりも柔かくて太さがあっても自由が利くと思う。


革で動物を作る時、縫いぐるみ状態なら綿だけでもいいのだけど、そうじゃないとある程度骨組みがあったほうが作りやすくなる。

骨組みはその時によって変わるけど、木材がある場合は木に越したことがない。
今までは木の枝を使って作っていた。



でもストック小枝が底をつく時がある。

そうした時、小枝をすぐ探しにいけるかどうかというと。

天候もあるけど、小枝が沢山落ちている時を予想して行くことになる。
行ってみて、使用に向いていそうな木の枝が集まれば、次は皮を削って何日も乾燥させる。


早い話が時間がかかるわけだ。

丁度良い枝がさっさと見つかるかどうかも断定できないし、ストック小枝を切らすと次までが長い。
地味な役割の骨組みという用途だけど、意外と手間のかかるものなのだ。



そんなこんなで、今はストック小枝が手元に切れている状況。

だから針金を骨組みに使っているのだけど、これがまた便利といえば便利なものなのだ。



針金の骨組みに、筋肉を包むための薄い革か紙で作った『膜』をあてて、そこに筋肉代わりの綿を入れる。
その上から中身のない袋のような表皮を被せて作る動物たち。

針金だとうっかり折れる心配がないから、作る過程で力ずくで組み立てることも出来る。
小枝だと本当に骨状態なので、ふと折れたりする時も。
折れるとまた作業を戻さないとならなくなるのだ。


針金よりは小枝のほうがいいのだと分かっていても、柔軟性のある金属は確かに便利だと思う。











でもまぁ・・・

単体で使うと↑こんなお粗末な姿
骨組みでもこのお粗末さは変わらないので、やはり助っ人黒子からは動かないだろうなぁ。




早く小枝用意しなきゃ








・・・・・追記・・・・・








トンボは、革を張る予定もないのに作ってしまったので、夜になってからクリップになりました。

トンボのみでは寂しそうなので、ト音記号も作ってクリップにしました


真鍮の針金、家の中では重宝しそうです。






スポンサーサイト

comment

Kinu
Eaさんご無沙汰しております。
Eaさんの日々が穏やかに過ぎているようで何よりです。
膝に支障がでて暫く難儀しておりましたが
大分よくなってきました。
身体に支障がでてきますと日常のリズムが崩れてきてしまうようです。
健康であるということは実に幸せなことなのだと思い知らされます。

マッコウクジラの優しい表情、とてもいいです。
身体の大きな生き物にはおおらかさと
優しさを感じます。
実際の彼らにはそれぞれの性格があるとは思いますが、
イメージはやはり穏やかで静か。
作品は小さいとありますが、
画像で拝見するととても大きく感じます。
一番したの写真は水の質感も感じられて
本当に彼?がゆっくり泳いでいるように見えます。

ワイヤー細工、とても素敵です。
とんぼのイメージがとてもよく出ています。
ト音記号も楽しいですね。
ちょっと思いつきで生まれる作品、
彼らも貴重な誕生だと思います。
2010.03.25 05:30
ea
Kinuさん膝の具合、良くなってきているのですね。
体の一部が痛むとか病気にかかると、
やはりそれは随分と日々の生活に響くものですね。
薬を飲んだら治る、という早さで回復が期待できないものは
じっくり丁寧に気を遣いながらじゃないとよくんりませんものね。

それは、健康に過ごしていた時の時間とまるで違う流れです。
やらなければならないことは日常には必ずあるもので
ストレスが発生しやすいのもこういうときが多いですね。
健康じゃないというのは、人の心のリズムに大変なことです
日々、Kinuさんの膝が回復しますようにお祈りしています。


さて、クジラ。
生物の作品は、ひたすら見ることによって出来る気がします。
褒めて頂けて感無量です
クジラは大きいので、使う革が小さいものしかなかったので困っていたのです。
でも、小さくても、大きく見えるように作りたかった。
Kinuさんに『大きく感じる』とコメント頂けたということは、
その部分は合格できたのですね
良かった!

ワイヤーのトンボ、
これも恐竜図鑑を見ていたからなんです
これはただのトンボになりましたが、メガネウラという大きなトンボを見て、
じーっと見ているうちにどうしてもトンボを作りたくなったのです。
でもトンボは透明の羽だから、革じゃない方がいいなぁと。
それで、針金でした
ト音記号は完全に思いつきです
でもクリップになってくれると、メモがあるだけでも
何だか遊び心があって楽しくなれます。

Kinuさんも、クリップ要りませんか

2010.03.25 11:18
ea
上から5行目、「よくなりませんものね」と書いたつもりが
すみません、文字を間違えました
2010.03.25 11:22

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。