スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れのち・・・

.10 2010 一人芝居の部屋 comment(0) trackback(-)
0410a.jpg




ころころと天気が変わるような、そんな一日だった。

別に天気の話題ではなくて、よくある私の「うまく運ばない時期」。
きょうはその始まりのようでちょっと嫌。

どうか今日だけで済みますように。



気分は前向きから始まっていた一日。
問題は片付いていなくても、とりあえず第一段階は終了したHP作りのこともあって、
私は朝は機嫌が良かったし、大切な友人からメールも来ていて更に嬉しくなっていたし。

出掛けにちらっと見た自分のHPが一瞬再び文字化けをしているのさえ、「まあいいや、後で調べよう」と思えた。


そう。 この時点ではちょっとも嫌な気持ちなんかなかったのだ。

午前中に野菜を買いに牧場まで行って、大きくて重い葉っぱ付きの大根とがっしりしたキャベツを買った。
これもまたとっても気分の良い時間だった。

外は曇り空だったけど、暖かくて、風も適度に心地よかった。
海の匂いが上がってくる牧場で、歩いているだけで気持ちが弾む道だった。
牧場から帰ってきた時間だって、まだまだ革細工に充分使えるくらいあった。



で、ここからだ。

作ろうと思ったものに合う革を探していて、すぐに足止めになる。

ない。 あると思っていた。 だから作ろうと決めたのに。


丁度良さそうな革が見つからない時は、1時間近く探す時もある。
でもそれでも「合う」と判断できない場合は無理しないで、別の候補に切り替える。

別の候補に切り替えたら、革はすんなり見つかった。


の、だけど・・・

これがそもそも間違いだった。
読み間違いとも言うかもしれない。

私が選んだ革は、私が作ろうとしていたものには全く逆の性質だった。

そうとは気付かないまま、せっせと革を切り、珍しく手際よく段取りが運び、
そして失敗した。


なんてことだ。

それから3回、やり直しては別の方法を試しながら制作を続けようとしたけど。
結局、途中までも進むことは出来ないで夕方になってしまい、途方に暮れた。

日が落ちる前にもう一度何か作れないか、と探してみた。
それで全然別の革を持ってきて作り始めたのに、それもどうやっても一向に形にならない。

切るだけ切った革は元に戻ることはないし、
別のことに使えるほど大きい革ではない。

ほんの少しでさえ、無駄にするのは嫌だというのに今日の作業では全部失敗した。



日が落ちて、間違えて切ってしまった革を眺めて、どうしたものかと考えていた。

と、いう話が今日の内容。





ある形状に切ったり、接着剤を貼った後で失敗してしまった小さいものは、もう使うに使えない。
漉いてしまったり、縫うための穴を開けた後の小さいものも、その部分を切り取って使うということが難しい。

そういったものは本当に申し訳ないけど、さよならするしかなくなる。



そんな中で、とっておけそうなものもあるにはあった。

薄く細い4mの紐と、20cm程度の硬く強い革の三つ編み。



これだけでも、明日何とか使えるようにしないと。


今日はまだこれから沈みそうな雰囲気があるのだ。
HPの文字化けなど、出来るだけ頑張って解決しなければいけない。

やれやれ。





明日は良い日になりますように・・・







0410.jpg


スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。