スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リズム

.12 2010 一人芝居の部屋 comment(2) trackback(-)
 
一昨日の嫌な予感は当たったようで、昨日も一昨日と同じような日になった。

今日もそうかもしれない。


でもまあ、これはどうやら私のリズムなのかと思うようにして。



去年一年を見ても、連続して作る日々と連続して作れなくなる日々が交互に来る。
日記なんてつけたことが殆どないから、過去の自分の記録を見るとちょっと別視点で気がつくものがある。

何となくそうかな~とは感じていたのだけど、リズムには癖があるみたい。


前向きな気分が続いている時に限って、もしくは落ち込む要素がなかった時に多く見られるポイント。

突然がたんと足元が崩れるように動けなくなる。
だから妙にダメージがあるのだろう。

そんな気配さえ見えなかった時に、突然に止まってしまう。

初めのうちこそ、何とか前向きに思考を保とうとするけど、保とうとすればするほど絡められていくよう。
落ち込むのはやめようと頑張ると、それを叩きのめすくらいのダメージを受ける。



焦らないように、急がないように、追い詰めないように、

冷静に、平安に、第三者的な見方を忘れにように、

悪く取らないように、自分を卑下しないように、なげやりに決してならないように、



そう心に繰り返しながらこうした時期を進んできていた今まで。

革でものを作る以前の私から見たら大進歩だ。 
革を大事にしなくてはと思うからこそ、自分をなだめて時間をやり過ごした。


今回もそうやってやり過ごすだろう。





こういうとき、毎回思う。

・・・・・正確には「思う」というより、響く声がある。


上手くいかなくなって手が止まったり、作っても作っても失敗に終わる時。

『誰が頼んだわけじゃない』

とよぎることがある。


上手く出来ない原因を探そうとして苛ついたり、放り出したくなるときに、決まってよぎる。


『誰も頼んでいない。 誰も求めていない。 自分で始めて自分で続けると決めていただけだ。』

こうやって畳み込むような言葉が響いてくる。


『誰のせいでもない、嫌ならやめればいい』

この言葉が一番最後に置き去りにされる。



この、自分で思うのかどこからか響くのか分からない言葉に、毎回立ち止まる。
私がやろうと思い、私が続けようと決めたこと。
何のせいになるものでもない、上手くいかないという時期。

例え、何かしら大きな原因が他にあったとしても、それを理由に止まることを選ぶのかどうかは自分次第。





何度となく繰り返される、『リズム』。

出来ないなら出来ないなりに進みかたがあるはずだ。
出来る時と同じ結果を求めては見当違いの、この時期にしか見えない大切なことを示唆する進み方が。



今日の日記はこれのみだろう。


明日もその次もちょっとの期間は日記はつけないかもしれない。 

でも、何か作れたらその時はすぐに日記をつけようと思う。






追記: HPは言語コードの問題でSHIFT_JISを変更。
    変更したUTF-8でも問題が改善せず、次はEUS-JPのコードに換えてみた。
    
    でもどうしてなのか分からないけど、ブラウザによって表示に良し悪しが出る。

    HP完成は先が長いなぁ。


スポンサーサイト

comment

ea
Kinuさんはいつでも励ましてくれます。
いつも、毎回。
私が心の海で揺れに戸惑うたびに、Kinuさんはやってきては静かに励ましてくれるのです。

私が船に乗っているなら、私の船のマストに降りたカモメがKinuさん。
カモメじゃなくても、他の海鳥でもいいです。
『海はこういう時があるからね、強い風と荒い波と嵐の空は慣れないね・・・』
カモメはこうやって呟いて、また飛んでいくのです。
自分の海に。


一人で乗らなければいけない、一人のための海原の小さな船。
その海原も船も、誰であってもそれぞれに持っているものです。
自分の海から他の海を見ることは出来るけど、そこに行って同じ船に乗れることはまずないでしょう。

だけど、ほんの少しだけ、他の人の海へ行ってそこにいる船乗りに喋りかけることは出来ます。
Kinuさんは、いつも私の海が荒れ始めると、どこからともなく飛んできて言葉をかけてくれるんです。
私はしょっちゅう海を怖がるし、荒波に船酔いばかりしているのに、Kinuさんは毎回励ましに来てくれるのです。



Kinuさん、ありがとう。

とっても元気が出ます。とっても、助けられています。

ありがとう。
2010.04.14 10:12
Kinu
Eaさん、ご無沙汰しています。
Eaさんが呼ぶリズム、私は波と呼んでいます。
人生の波は大きいですが、
心の波も海にうちよせる波のように
その波高や様子を変えながら絶えず打ち寄せてきます。
穏やかな海の状態が続くこともあれば、嵐が来たり・・
コントロールできるときもあれば、
お手上げのときもある。
「心」の海を「意識」の船に乗った自分がいる。
そんな感じもしないではありません。
穏やかな海に戻るまでうまく舵をとって
待つしかないときもあると思います。

あまり深く考えすぎると
舵取りも難しくなることもあるようにも思います。
そんなときは勘で。
私も結構考えすぎる手合いがあるのですが、
同時にとても単純なところもあるので
そんなときはスイッチを意識的に切り替えたりします。
それとお天気に左右されることがあるので
(これも海と同じですね)、
よいお天気の日は心も晴れます(とても助かります)。
このところ素晴らしい陽気に恵まれ幸せです。

今夜蛍が見られるようになりました。
それと日中トンボもみかけました。
虫たちの活動が活発になっています。
そしてとかげたちも。
もう少したつと渡り鳥の移動によって
珍しい野鳥が訪れることになりますので楽しみです。

Eaさんによいリズムが戻りますように。
2010.04.14 00:44

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。