スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Quirt

.21 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)





さて。これをなんと呼んでよいものか。

鞭というと鞭。 乗馬用の鞭、というほうが合っているかも知れないけど、
乗馬用の鞭はもう少し短いと思った。


決まった長さはない気がしたが、随分いい加減な覚え方なのでそれもどうだか。





昨日今日とかかって出来たのだけど、実の所一番最後で躓いて時間をとった。
それは「頭」になるところ。

頭部分をかがる紐の幅がなくて、どんなに編みかがってみても無粋な出来にしかならなかった。
3度ほどやり直して編み方を変えても大した効果はなくて・・・


結局、鋲で留めることにした。

こういう鋲が出てくると、すでに乗馬用という雰囲気が消えて、なんだか和風の武器のように見えてしまう。
和風の武器に鞭があるかどうか知らないが、武器として作るならもっとやりたい放題くっつけただろう。
先端はきっと錘になるものが付いただろうし、本体も重く更に頑丈に作ったと思う。
持ち手にも模様を刻み込むと思うし、フリンジの代わりに毛皮を巻いたかもしれない。

でもそうしたものを作る予定ではなかったので、今回のものはなんとな~くミスマッチな見かけになった。




そのうち、思うようなものが作れる環境になったらその時は存分に。

もっと薄い強い革で本体を作りたい。
芯になるものも、もっともっと硬い強靭な芯がいい。
それに、ちゃんと長い、本来の鞭として当然のサイズを作ってみたい。

編むのは大変だろうけど、それもきっと充実する時間に変わるだろう。




今回の鞭。

端革製なのでかなり工夫が必要だった。
見た目と動作に問題は特にないようにしたけど、それでも小さな革から1m以上のものを作るのはあれこれ思索する。

最後の最後で革の幅が満たないという諦めはあったけど、良い経験だった。



面白かった。








quirt.jpg


スポンサーサイト

comment

ea
Kinuさんは猫用おもちゃのために、馬具のお店で小さい鞭を買ったと以前仰っていましたね。
じゃれて遊ぶ姿が浮かびます。
私もこの鞭が出来上がったとき、その話を思い出していて、床に鞭を垂らして動かしてみました。
そうしたら『あ、ほんと。』と思う面白い動き。
これは確かに生き物のよう。若い猫は夢中になって遊ぶな、と思いました。
何と言うか、大きなミミズのような感じです。

武器と聞くと私も『・・・・・』と(笑)。
私は武器を作ることはたまにありますが、傷つかないように作るのでその時点で武器ではないですね。
何かの拍子に怪我をするなら無いほうが良いものです。
でもその形状はユニークなものが多く、ただ単にシルエットとして見るなら興味深いものは多いです。
使う気は全くありません。

鞭も武器としてもありますが、私にとっては武器と言うより牧畜に関係している印象の強いものです。
今回の鞭も牧畜の為のものですね。
おしゃれだったとは意外でしたが(笑)、ちょっと嬉しいです。ありがとうございます。


HP、ご覧頂けましたか。
本当に良かったです。 文字化けが一番困ります。
ページ自体が朴とつでも良いのですが、文字が読めないのはそれ以前の問題。
文字化けせずにKinuさんに一部始終を見ていただけたかと思うと感動一入です。
これからも少しずつ、文章を入れて説明したり、ページを増やします。
また見に来てくださいね。


Kinuさんの庭はもう春から夏に向かっているようですね。
オガタマノキ、ミシシッピに植木でもあるとは。
日本の植物だと思っていました。
でも、Kinuさんの近くにあるというのも何となくわかります。
神道で大切にされている木ですね。
そうなのですか、バナナの香りが。それは確かに美味しそうです。

ムラサキツユクサも沢山咲き始めて・・・ 本当に初夏のよう。
御地は自然の宝庫。春には春の、夏には夏を告げる色や香りが豊かですね。
Kinuさんが日々その移り変わりをちゃんと見つめているから、というのも素晴らしいことです。
これから緑色がどんどん深くなってきますね。


Kinuさんの今日がどうぞ良い一日になりますように。

2010.04.22 09:39
Kinu
私の猫たちにはこの画面を見せないようにします。
鞭という言葉の響きは緊張させられますが、
使い方によって愛情も伝えられると思います。
言葉によるやり取りができない動物、
鞭が或る意味でコミュニケーションの道具に。
馬具を扱うお店に行ったことがありますが、
鞭といっても様々なものがあるようですね。
確かに武器に成り得るとも思います。
この鞭はなんとなくおしゃれな感じがします。
(こういわれるとEaさんが困るかも・・・)

HP、文字化けせずに閲覧できました。
レイアウトがとてもシンプルでいいですね。
Eaさんの言葉、Eaさんらしさがよく伝わってきます。
これからどんどんよい作品が生まれてくることでしょう。

当地は朝夕ひんやりしますが、
快晴で、ほんとうに嬉しくなるようなお天気です。
猫も満足しているようです。
むらさきつゆくさがたくさん咲いています。
これはどうして繁殖したのか・・・
植えた記憶はありません。
むらさきつゆくさ、こちらでは未亡人の涙
(ウィドウズ テイアーズ)と呼ばれています。
未亡人の涙は尽きることなく・・・・

朝夕裏庭にでますと甘いバナナの香りがします。
オガタマノキという地味な植木があるのです。
この木は結構日本では神聖なイメージがあるようです。
花もとても地味で咲いているのか分からないのですが、
そのかわり香りが豪華です。
うっとりするくらいいい香り(おいしそうな)がします。

つつじはもうすっかりおしまい。
花の終わりはちょっと物悲しいですね。

御地、まだ気温が大分低いようですね、
どうぞくれぐれも風邪などひかないようにしてください。
早く暖かくなりますように。
2010.04.22 00:35

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。