スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アース・デイと贈り物

.22 2010 一滴の栄養の部屋 comment(2) trackback(-)
0422i.jpg




一日、雨が降り止まない寒い日だった。

時折土砂降りになる窓の外。
私の家の壁はトタンなので叩きつける雨の音はとても激しい音に聞こえる。

今日はアース・デイで、地球の一番の恵みの雨で満たされたようだ。



こんなすごい雨の日に、表で動かなければいけない仕事の人は本当に大変だ・・・。
そう思っていたら、ドアベルが鳴った。

誰だろうと思ったら、随分久しぶりに郵便屋さんが立っていた。
土砂降りの雨の日の配達。
何とも気の毒。
郵便屋さんは女の人で、ビニール袋を差し出すと、『確認してください』と短く言った。

郵便屋さんが気を遣ってビニールに入れてくれたのは小包。

受け取ってお礼を言って、その遠くからはるばるやってきた小包を抱えて部屋に戻る。
気遣いのおかげで一滴の雨にもぬれずに着いた小包。
送り主が無事に着くようにと想いを籠めてくれたのが叶ったのだろう。


そんなこんなで雨の日の突然の贈り物を胸躍らせながら、いそいそと開けてみた。



開けると一気に香りが部屋広がった。
中にはいろんなものが丁寧に包まってきちんと納まっていた。





0422h.jpg




一番上にあったカードを真っ先に読んでしまった。
楽しみにしたいのに、我慢できないから読んでしまう。

言葉少ない控えめな説明が記されて、文字には真心が綴られていた。


私の大切な友達で、夢の中のような人。


その顔を見たことはないけど夢では見ていて(想像)、その声は聞いたことがないけどどうしてか知っている気がする。

私が見送った太陽がその人の朝陽になり、その人が見た月の続きを私が見る。
その人に吹いた風が海を渡って私の家に着き、私の昨日がその人の今日になる。


そんな不思議な関わりかたの、だから『夢の中のような人』。



黒い猫が丸くなって、一緒にやってきた可愛い様々な色の毬を見つめる。
愛らしいドングリも一緒。

このフェルトを使って作られた作品に感激した。
だって、その人が作ったものが目の前にあるのだ。

しっかりした精密さ。 球体は本当に球体。猫は本当に猫そのもの。ドングリの精もそのもの。

時間とひらめきを詰め込んだ作品を、惜しげなく私に届けてくれたことに胸が熱くなる。






0422g.jpg




これは鏃だ。

石は何だろう。 私は黒曜石で作ろうとしたけど、こんなにきれいな形にはならず人目にさらせなかった。
この鏃、その人の住む地に制作者がいるよう。


惚れ惚れしてしまう、鏃。

冷たい石の温度とシャリシャリと擦れて生まれる音が遥か彼方の昔に引っ張る。
こんな鏃、作りたいなぁと魅入った。










美しい貝が入っていた。

なんてきれいな色、なんてきれいな形をしているのだろう。
カードにこう書いてある。

『貝はコスタリカとカリブの島の貝です・・・』


わぁ~!!! すごいや~ と、一人で大喜び。
遥々遠くから来たんだねー!!と貝を回して眺める。

このまま装身具になってしまいそう。
自然の造形に適うものなんてない。 本当にきれいだ。

貝から落ちた砂は薄いベージュの砂で、こんな砂浜があるところに住んでいる貝なんだ、と想像した。


そうだ、それと、左に写っている石の様に見えるもの。
これはフェルト製。

砂浜に落ちていそうな石。 こうしてみると馴染んで見える。





0422e.jpg




これ、何だと思うだろう。

私はカードを読んでしまったから「あ!これのことだ!」と嬉しくなったのだけど。
ぱっと見、これがすぐに何か分からないかもしれない。


この人は次から次に私の喜びそうなものを詰めていてくれる。


これは・・・




0422d.jpg




万華鏡。

なんて素敵なものを贈り物にするんだろう!と感激する。
この万華鏡、本体を回さなくてもこれを通してみたところが全て花束みたいになる。

う~ん。 こんな贈り物が出来る人になりたい・・・


これを持って、家中眺めて見た。

私のウサギ小屋みたいな住処が別世界に見える。
まるで魔法のようだ。




0422c.jpg




これが箱を開けたときの香りの正体だった。

沢山詰まったスパイスの袋。
何とも芳しい良い匂いが部屋に漂った。


私はこうした香辛料が大好き。 
沢山料理に使う。というべきか、香辛料を沢山使うような料理しか作れない。

これはとっても有難い。
香り高い香辛料に感謝。




0422b.jpg




この、石のようなものはロウソクだ。

初めは本当に石だと思った。
でも芯がちょこっと出てる・・・

穏やかな優しい香りがして、石のような風貌に静かなロウソクの時間が合わさった。


これに火を灯すときは、絶対写真に撮ろう。
こんなロウソクがゆらゆら小さな炎を灯していたら、きっと幻想的だと思うもの。







土砂降りの雨の音も気にならなくなった一時。

よく見てみれば、皆地球にとても近い。



羊の毛で作られた猫やドングリの精・毬。

石を割ってこじって作った鏃。

美しい海から来た貝殻。

木をくり貫いた筒にガラス玉の入った万華鏡。

木の実や草の実から作られる香辛料。

石の形をしたロウソク。




この贈り物を包んだ人は、まさか今日届くなんて思いもしなかったと思う。

でもまさに、一番ぴったりの日にまさにぴったりの贈り物となった。
今日は感動と嬉しさとで胸がいっぱい。


地球のことを想う日に、自然に馴染んだ沢山の贈り物。
その一つ一つが豊かで、大きい。

一つ一つを手にとりながら、とっても驚いた素敵な贈り物に感謝・・・!!






0422a.jpg





スポンサーサイト

comment

ea
お礼を言います。本当に本当に有難うございました。
とっても素晴らしい贈り物です。

家にあったものばかり、と仰っているけれど、
家の中にいつもあんなに素敵なものがあるなんて。
もしも、お邪魔することがあったら、
玄関から部屋に行く前に何度も立ち止まりますね(^^)。
一応大人だから、勝手に触らないで見つめるだけですが(笑)。

何もかもが驚いて嬉しいものばかり。

誰かに贈る、贈り物。
箱に入れる一つ一つに思いやりを持って、
一つ一つにその誰かが手にとった時を思い浮かべて、
そうやって沢山の気持ちと想いが、ぎゅうっと箱に詰められる。

まさに、私の受け取った贈り物はそういう贈り物でした。

地球を愛する人からの贈り物がアース・デイにやってきました。
だからもう、二重にも三重にも嬉しくって。

本当に有難うございました。心から感謝を込めて。


どうぞ、良い夜になりますように。
良い夢が見れますように。
2010.04.23 10:05
送り主
嬉しい偶然でした。
アース・デイに到着したのですね。
Eaさんの細やかな感想をお聞きして
なんだか照れくさいやら、嬉しいやら・・・
特別なものではないのですよ、
みんな私が持っていたものです。
あ、スパイスは新しいものですからご安心ください。

鏃はクリスマスに毎年クラフトショーがあるのです。
ガラス、木工、布、金属などをつかったクラフトの展示会。
作者がその場で実演されたりしているのですが、
とても興味深いショーで毎年楽しみにしています。
そのとき、鏃を展示しているブースがありました。
去年のショーでした。
鏃を見て、すぐEaさんが浮かんできました。

ブログに書かれる呟きに触れていると
その人の様子、人柄がなんとなく伝わってくるものですね。

喜んでいただけてとても嬉しいです。

今日は晴れそうですね。
よい日になりますように。

2010.04.23 05:11

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。