スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用事のあった日

.29 2010 一人芝居の部屋 comment(2) trackback(-)
box.jpg



何も作れそうにないな~と思った朝。


まず糸がなくなった。
買いに行かないといけない。

それに革ものではないけど作らないといけないものもある。
これもまた考えながら運ばないとならないもの。

今日までだった図書館の本も返しに行かないといけない。



ということで、今日は1日革は触らないとなる。


糸を買いに行くのはいつも行くお店。

人が沢山来る場所で、近くに車を止めるだけで駐車代が妙な高さ。
だからここに行くのはちょっと覚悟がいるのだ。

暫く行かないですむように、足りないものはこの際、きちっと買っておく。

そしてそのお店のある場所にはパン屋さんがある。
これもまた覚悟がいる。

このパン屋さんはとっても好きなパン屋さんだから。


糸を買いに行くと、必ずカレーパンも買うことになる。
散財しかねないので、気を引き締めて買うのだ。





pan.jpg

(きちんと辛味のあるカレーパン。非常に美味しい↑)





カレーパンと糸を買って、帰宅する。
のんびりはしていられないので近隣の海にも寄らない。

家に戻る道すがら、図書館へよって本を返す。


そして家に戻ってきて、次の用事にとりかかる。



これが一番考える。

大したことではないのだけど、『箱』作り。
冒頭の写真を見て、もしかしたら分かる人もいるかもしれないけど、
箱を作る紙のことで考えるのだ。

使った紙はケント紙の綴りから、表紙と台紙を頂戴した。


箱を作るに当たって、その大きさで紙を無駄なく使うことを前提に選ぶのは意外と時間がかかる。



『この人、何やってるんだろう?』と思われそう。
でもどんな対象であっても、作るということはいつでも真面目にとりかかりたいのです。





box3.jpg




切れ目をつけた厚い紙。
それを折り曲げて側面を立たせて、テープで固定する。

やっていることは至極単純。


だけど私はこの箱一つで夕方になるほど、不器用な人間。

至極単純、と言うものの、箱作りに2時間くらいかかっていた。
あれこれ考えをめぐらせて、丁度良さそうな紙を探して、紙を前に形をどう組もうか考えて。



今日はこれで一日終わりました(笑)。






box2.jpg





見た目の出来はいまいちだけど、私の用途には充分。



全部の用事がちゃんと終えられて良かった。


スポンサーサイト

comment

ea
そういえばKinuさん、
御地にはカレーパンに近いものなどは売っていないのでしょうか?
ちょっと前にも疑問に思ったのです。
パンというのは多分、御地のほうが種類も豊かでしょうし、
そうなるとカレーのような風味がある具材を包んだパンもありそうな気がして。

でも日本のカレーパンなるものは、やはり日本人がパン屋でも営んでいないと
難しいかもしれませんが・・・
きっとKinuさんが懐かしんでいらっしゃるということは、
カレーパンに近いものが無いということなのですね・・・

カレーパンの写真をいちいち撮るのもどうかしら?と過ぎったのですが、
本当にここのカレーパンだけは、「いちいち写真に撮りたくなる」パンです。
昔のまんまなのですね。本当に昔。
多分、私の子供時代には既にこの味が地域には浸透していたのだと思うくらい。
昭和も初めのほうかもしれないお店で作られています。

Kinuさんにも是非食べて頂きたい、と買う度に思います。


箱は近くで写真を撮っていないため、実はアラだらけ。
私はそういうところ、いけませんね。
一生懸命作っても、やっぱりもとが不器用なのです。
ガムテープや透明のテープでべたべた止めてしまいました。

Kinuさんがとっておきたくなる和菓子の箱。
そんなふうに作れたらいいなぁと思います。
きれいな箱ですものね、和菓子の箱。

御地、竜巻の後は陽気が良いのですね。
晴れていて気持ちの良い風の吹く日々が続くというのは非常に大切。
特にミシシッピでは出来るだけ晴れていてほしい。

週末の雨雲が、早々と退散してくれますように。

良い夢を見れますように祈っています・・・
2010.04.30 12:04
Kinu
糸のお店と美味しいカレーパンのお店は
今までに何度も登場しているので
もうすっかり私の中でお馴染みになっています。
カレーパンは元祖カレーパンの姿をしていますね。
わたしもカレーパンは大好きでした。
日本のいろいろなパンは今思うと
本当に美味しいパンがいろいろあったな、と
遠くを見るような目で
しばしボーっとしてしまいました。

これだけきちんとつくられた箱は
大切にしなくてはいけませんね。
結構身の回りのものの処分に対しては
思い切りがあるように思っているのですが、
日本から送られてくる様々な箱は
とっておきたいものばかりで
次第に箱のコレクションができてしまいます。
和菓子などが入った箱は特に。

Eaさんはなんでも作ってしまうのですね。
この箱も立派なEaさんの作品です。

このところ完璧な陽気が続いていて
一日が終わるのがもったいない気持ちです。
金曜日の午後からくずれて週末は雨のようです。

よいお天気になりますように。
2010.04.30 10:52

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。