スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Wonderful Cock

.30 2010 革の部屋 Leather comment(4) trackback(-)
cock.jpg



雄鶏。 なぜこれが『ワンダフル』かというと。


おととい作った「魔法のテーブルかけ」の話で、コメントをくれた人の言葉から作ったもの。
と言っても、直接ワンダフルな鶏に繋がるわけではない。


魔法のテーブルかけの話では、アントニオが主人公のイタリアのお伽話をした。

似たような話はどこの国でもあり、それはまた愛されている。
そしてそこには教訓があり、その教訓はちょっとだけお国柄の色合いも混じり・・・


テーブルかけは出てこないけど、代わりにカゴが魔法のアイテムとなり、
羊やロバの代わりに金目のものを吐き出してくれるのは雄鶏で、
そして必須アイテム・懲らしめの杖は、更に痛そうな鞭に変わる話がある。

北欧、イタリア、と来て、今度はフランス。



主人公は愚痴の多い男、ぶつぶつ父さん。
子供はたくさんいて、働いても働いてもちっとも意味のない貧乏暮らし。
一日中働いてうんざりする日々を送る彼は、ある日生活を変えたくて聖人に会いに行く。

旅して遠くまで行き、洞穴にすむ聖人に質問する。なぜ自分だけ不運ばかりだ?と。
すると聖人はその問いには答えず、代わりに魔法のカゴを渡してくれる。

魔法のカゴを誰からもらったとか、誰かに見せたりするなよ、と注意は勿論する。

で、当然この手の主人公はちっとも言うことを聞きはしないので。


帰り際に立ち寄った酒場に、ちゃっかり酔わされた上に掏りかえられるわけだ。
魔法のカゴはパンと魚が溢れ出す。すごい宝物を腹ペコの家族の為にもらったというのに。

父さんは帰宅して、水っぽい薄いスープをおかわりしようとしている子供たちの目の前で呪文を言う。
かわいそうな子供たち。期待はしたけど、結局余計に空しく腹がなる。


父さんは酒場に走って行き、カゴを返してくれと言ったけど、酒場の女将はしらを切る。
女将のしらを疑いもせず、聖人のくれたカゴがおかしいのだと思う父さん。


父さんは再び聖人のところに頼るのだが、聖人は「カゴが仕事をしなくなった」という父さんの言葉に何も言わない。
それよりまた、別の宝を探してきて渡してくれたのだ。

さすが聖人、人間が出来ている。

父さんに雄鶏を渡して、秘密を周りにもらすなときちんと警告する聖人。
父さんは「分かっています、俺はそんなに馬鹿じゃないから」と返事をするのだ。

だけど金や宝石を吐き出す鶏だと知った父さんは見せびらかしたくて・・・

その後はお決まりの失敗談に続く。






cock2.jpg

(うちでは金とダイヤモンドは縁がないので、真珠のみ↑)




家に帰っても子供たちの不信感は募っている。
でも今度こそ父さんの言っていることは本当かも、と、もう一度雄鶏に期待する家族。

威張りくさって仰々しく、自慢げに雄鶏を鳴かせたところ、雄鶏は部屋中を飛び回ってけたたましく鳴いただけ。


そんな鶏を見て、父さんは愚痴をこぼす。
自分が悪いのだけど、そんなことは気づきもしない。

3回目に聖人のところに行くと、聖人は言う。
「他の者にも幸運を分けなければならないのに。 お前はこれで3度目だろう、しかもこんな時間に!」と、さすがに呆れる。


お前さんはだまされたんだ、と聖人が言うと、父さんはようやく気がつく「あの酒場」。

聖人は続けて言う。「カゴも雄鶏も誰にも見せるなと注意したのに、身から出たさびだ。」
でももう一度だけ情けをかけてくれるのだ。
そして袋を渡し、「誰かをひっぱたきたかったら、・・・・・と言えよ」と教えて、父さんを洞穴から追い出した。


父さんは酒場に怒りながら向かい、まず食事と酒を済ませてから酒場の夫婦に言う。
自分から取ったものを返せ、と。

でもしらを切ろうとする二人の返事も半ばに、「ろくでなしの愚か者に教えてやるいいものがある」と懲らしめのアイテムに号令をかける。
夫婦と共に父さんも懲らしめられる。 袋から飛び出た鞭は3人ともひっぱたき続ける。

夫婦が、返すからもうやめてと叫んだので、父さんもこれ以上ひっぱたかれるのが嫌で鞭に号令をかけた。


だけど何ということか、鞭は止まらない。

結局3人の悲鳴を聞いて助けに来た聖人が鞭にやめるように言い、「わしの雄鶏とかごを取ってくるように」と女将に言う。
女将がとってきた本物のカゴと雄鶏はテーブルに乗せられ、それを前に聖人は続けた。

「3人とも報いを受けたのだ。だからお前さんたちを哀れみはしない。宝はわしが持って帰る。
恵まれた幸運を最大に生かせるものがいつか見つけるだろう、勿論それはお前さんではない。」


父さんに向かって聖人はこう言った・・・・・




という話し。


これはちょっと現実味があるなぁ、と感じたお伽話だった。

コメントをくれた人は、難なく手に入る魔法の宝に夢を見ないという堅実な人。
その人の言葉をきいて、「あ、フランス版はこの人みたいなところがある」と思った。


フランス版の話は、最後は魔法の宝物は送り主が持って帰るのだ。

哀れまれて贈られた素晴らしい宝物を、大事にするどころか無下にした主人公から取り上げる。
せっかくの幸運に分不相応だと思ったのだ。


難なく手に入るというのは、ある意味そこから運試しが始まるのかもしれない。


その宝、一体運をどう振り回すのやら。
確かに危なっかしい人には、受け取るだけ気の毒なことになるものかも。




雄鶏の鳴き声に喜べるような朝が来るなら、それで充分人生は魔法がかっているというものだ。





cock3.jpg



スポンサーサイト

comment

ea
また竜巻があったのですね。
Kinuさんの住むミシシッピ近辺、地形が竜巻を通過させやすいのでしょうか。
Kinuさんどうかご無事で・・・! 何とも心配です。
竜巻が消えてくれると良いのですが、
そういえば去年のこの時期もミシシッピは竜巻警報が出ていたような・・・
季節のものなのでしょうか。


>現実的過ぎるというのもなんとなく悲しいですね。

>自分がそれだけのことをしていないのに
>物を得るということに負担と
>ギルテイー感を感じるからだと思います


う~ん。実にKinuさんらしい一言です。
現実的過ぎて悲しいというのも、実はただ非常に誠実な方だから、ということですものね。
Kinuさんの言葉はきくたびに、ちょっと身が引き締まる思いがします。

私は漠然としているのかもしれないのですね、捉えかたが・・・
そしてKinuさんはいつでも真摯に受け止めてよく理解していらっしゃいます。
Kinuさんの思うところは、本当にお話の中で『善人』と呼ばれる人々と同じ。
だから私はKinuさんが好きなんです。

私自身はそういう意味では、善人寄りかもしれないけど少し無責任な気がします。
この前読んだ本にとっても親近感を覚えた本があるのですが、
その本はジプシーの伝説とかメルヘンの本だったのです。
今まで読んだ御伽噺よりもずっとずっと心に身近な気がして印象が強く残りました。
ジプシーと呼ばれるロマニ。
ロマニの話はヨーロッパにあるほとんどのお伽話のエッセンスが入ります。
でも非常に独特の観念が根底にあるのも確かで、
自分たちの放浪に寄り添うように口伝で残されてきました。
柔軟だけど基本がある。
寄る辺ない民だからこそ、常に夢を見続ける大切さを握り締めています。
私はロマニの話のそういうところにとても惹かれました。
無責任で奔放で、と嫌われるロマニですが、
物事に執着しない考え方は永遠に旅をする彼らならではの
世界観なのかもしれないと思いました。

叶わないとどこかで知っているお伽話。
でも、叶った時には勇気と喜びを持って受け取れるように。
私も同じような捉え方でお伽話の中を見ている気がします。


Kinuさん、雄鶏褒めて頂けてとっても嬉しいです。
生き物に真っ直ぐな目を向けているKinuさんに褒められると、
ちょっと誇らし気になってしまいます。
フランス版のこのお話しは、誰がKinuさん的かと言うと。
それは間違いなく『聖人』がそうだ、と私は思ったのでした(^^)。


Kinuさんの週末、素晴らしい舞台を見ていらしたのですね。
そうですよね~、なんて日本とアメリカの高校の差って大きく感じるのでしょう・・・

>まるでNYのブロードウェイのパフォーマンス

それは素晴らしい彼らの才能ですね!
先行きが楽しみな子供たちです。


御地、どうやら心配の中の空模様。
どうぞ何事もなく過ぎますように、心よりお祈りしています。







2010.05.02 10:48
Kinu
ちょっと怒った空の土曜日の朝です。
ミシシッピ北部には竜巻警報がでています。
隣接したアーカンソーには竜巻の被害が出たようです。
今日明日と天気は荒れ模様になるようです。

さて、今回の雄鶏で最も感動、驚きを覚えたのは
[脚] !!!
もうここまで細部にわたり心をこめる
Eaさん、すごいと思いました。
脚(この漢字でよかったかどうか・・・)だけ見ると
まるで本物のようです。
また羽ばたきながら鳴いている姿も
まさに雄鶏です。
実によい作品が生まれました。
おめでとうございます。

現実的過ぎるというのもなんとなく悲しいですね。
宝物がでる小槌や、
宝くじで当たること、
ただであげます、というフレーズは
どうしても信じられませんし、
それが私の身に起こったらいいなあ、
とも思わないのです。
自分がそれだけのことをしていないのに
物を得るということに負担と
ギルテイー感を感じるからだと思います。

昨日は夫の友人の娘さんが参加している
ハイスクールのパフォーマンスを観てきました。
歌と踊りのパフォーマンスなのですが、
まるでNYのブロードウェイのパフォーマンスのような
とてもグレードの高いものでした。
高校生の頃の自分のことを思い出し、
あまりのその格差に呆気にとられました。
全米コンテストで一位を獲ったことも深く頷けます。
興奮し続けた2時間でした。
本当に参りました。

Eaさんの最後の言葉、

『雄鶏の鳴き声に喜べるような朝が来るなら、それで充分人生は魔法がかっているというものだ。』

たしかに、と思いました。
2010.05.02 00:03
ea
きょんさん、はじめまして!! お出で下さって有難うございます(^^)。
chiblitsさんのところでちょくちょくコメント拝読させて頂いていました。
それにきょんさんのブログも見ました! 
素晴らしいですね~、何でも作れるのですね!
布ものというのは私は本当に下手で、どんどん作ってしまう人を見ると非常に羨ましい。
特にバッグなど、実用的なものを作っていらっしゃると「うわ~」と感動します。(私はあまり実用的なものではなくて・・・)
焼き物も素晴らしいです! ああしたセンスはもう、持って生まれたものですね!

私の使う端革、工房からやって来た革がすでに個性を持っているんです。
だからたまに妙なリアル感をかもし出す時があります。私もちょっとびっくりしたりします(笑)。きっと何かあるんでしょうね~
ご覧になって頂けて、その上作品まで褒めて頂けてとっても嬉しいです!
鳥が苦手なこと、覚えておきます。鶏って何気に怖い顔してますものね(笑)。

どうぞまたいらっしゃって下さいね!
ブログは根暗な文章ですが、コメントは普通ですので(^^)。
ご訪問、有難うございました!
2010.05.01 20:16
きょん
はじめまして。
chiblitsさんのところからお邪魔しました。
HPも少し覗かせてもらいました。
とてもすてきな作品たちで革に向かわれる姿勢に
背筋が伸びる思いがしました。

私は布ものが殆どですが、
トートバッグの持ち手などに革を使ったりしています。
小さな革や端切れはでますが、
やはり捨てることができないでいます。

そして、作品があまりにリアルなので驚きました。
ちょっと鳥が苦手なので・・・

また、作品を見にお邪魔させてください。
2010.05.01 19:21

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。