スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の広場

.01 2010 未分類 comment(2) trackback(-)
tokap-tomi.jpg




良く晴れた1日だった。 あんまり晴れると、勿体ない病が出る。
「外に行かないと勿体ない」と気になって仕方ない病気。


結局、外に出る。

でも今日はやりたいことがあって、それもあるから遠出はしないで・・・
海岸線をずーっと歩いて散歩することにした。







0501a.jpg




私の家の近くの海は決して褒めれた環境ではない。

だからひたすら空を見て、ひたすら風を感じるということに集中。
じゃないと、要らないものやぶち壊しのものにうんざりしながら散歩することになる。

波が高くて強いものだから、護岸を固めるというのは仕方ないのだけど。
それでも、ここまでしないといけないものだった?と訊きたくなる様な風景には見る度、言葉が出ない。


マンション群が続々と海に面して立ち、高速道路の道が作られて、
そして「高潮注意」のための防波堤と護岸の守り。 なんと矛盾なことだろう・・・
高潮に注意しないとならない場所に人口を増やすなんて、意味が分からない。



まぁ、文句ばかり言ってもつまらない。
やれやれ、とせっかくの晴天に響き渡るマンション建設の工事の音を聞かない振り。

手前の海に並べられたテトラポットにふと目を向けると、ちょっと和む光景が。





0501.jpg



何という鳥なのか、名前は分からないけれど。

人工的な殺風景さの中に自然の曲線と色彩を見つけると、それだけでホッとする。
名を知らない鳥さん、そこにいてくれてありがとう。



暫く鳥をじっと見て、日はまだ高かったけどそのまま帰ることにした。

私はやりたいことがあったんだっけ、と思い出して。





今日は絵を描きたかった。

何の絵、とはっきりしているのではないのだけど、昨日から描きたいなぁと思っていたから。
空想の絵。 対象は何でもいい、私の心の中に住んでいる誰か、何か。
場所でもいい、とにかく心の目で見えているものを描きたいと思った。


人工物に埋められた海岸を歩いたから余計にその思いは強くなって・・・



白い紙と鉛筆と消しゴムを机において、ぐっと意識を消す。

すると頭の中で、水門が開いたように勢い良く光の波が押し寄せる。
その波が引いた後、心の広場が目の前に現れる。

さんざめく光とこぼれる輝きの粒子が一面を照らし出して、広場の真ん中にある円形の噴水に手を入れると。
腕から体とあっという間に水の中に引き込まれて、『噴水の通り道』をくぐるのだ。


そして全く違う世界に入り込んでいく。






今日はスケッチ日和だ。

入り込んだ世界もまた、晴天の広がる大きな大地。
遠くに雪をかぶった山脈があって、麓には一列の黒い線。麓にある木の群れだ。

だだっ広い草原に、最初の誰かが来る。



それは半人半馬の部族。




tokap-tomi1.jpg




見渡す限り草原のこの大地、遠くに見える大きな山脈に囲まれたところ全部が草原。
盆地のようなつくりで、この草原に生活し続けるのが半人半馬。


大きな馬の体に、弓と矢を持って狩りに行く。
山脈麓に群れで住んでいる大きな黒い牛を狩りに。



おしゃべりではないけど、静かに時間をかけて言葉を選ぶ、とても気持ちの良い部族。
私はこの半人半馬が大好き。

言葉の少ない会話の後で、良い一枚が描けた。




tokap-tomi3.jpg




次は草原から離れた森の深い地域。

その森の茂みに話し声が。 狼が一頭、何か光る虫と話している。
なんて言っているかは分からないけど、光る虫は妖精なんだそう。



この狼は聞き訳が良い狼みたい。動物らしい雰囲気がない。





tokap-tomi4.jpg




妖精は羽をしまって葉っぱの上に座り、その横に話の続きを聞こうと寝そべる狼。


何とも変わった光景だけど、きっと新しい知恵の話でも聞かせてもらっているのだ。
狼は興味深く、賢そうな妖精の顔を覗き込んでいた。

小さな妖精が話す声はまるで猫の鈴の音のようで、風が吹くときたまに聞こえる音がそうなのかもしれないと思った。






tokap-tomi2.jpg



妖精の話は少し分かった。
話の前後は分からないけど、不思議な木について話していたのだ。


木の幹は鉄のように黒くて、葉は銀の板のよう。 
丸い実が突き出した枝からひっきりなしにはじき出されていて、色とりどりの丸い実はポンポンと宙に散っていく。
その実が消える前に実をつかめる者がいると、実と引き換えに木の根元に湧く泉の水をもらえるらしい。

水はとっても特別な水で、




・・・・・・・・・・ここまでで、今日はおしまいに。


どこで終わっていいか分からなくなるほど長いことに気がついた。

気がつけば夕暮れ。
夢中になって描いていた絵が白かった紙に、心の中で出会った場面を連れてきていた。



今日はこういう日でした(^^)。
私の源を紹介しました。




スポンサーサイト

comment

ea
Kinuさんへ


> Eaさんがあまりに私を美化されているようで・・・
> 私は聖人でも善人でもなくただの凡人です。

以前にも似たような返事を頂戴した覚えが(笑)
Kinuさんには申し訳ないですが、これがその答えそのものだと解釈するのは自然なことです。
聖人や善人が自ら自分を尊く説明しませんね?
Kinuさんもその通りです(笑)

善を知って求め、善に学び、善にとどまる人をこれ、善人と呼ぶのです。
聖人にいたっては勿論ですが、善人であるかどうかは他人がそう感じるかどうかです。

残念ですが、Kinuさん。私はこれからもKinuさんを以前と変わらず想います。
あなたは善人で正直者で、心の美しい人です。


> 私はよく偶然に出くわすことが多いのですが、

さっきKinuさんのブログを読んでまいりました。
なんとも確かに不思議なことが次々に起こっていたのですね。

ハコガメの出会いと愛もかなり浪漫です。
BaBa、帰ってきたこと本当に良かった!
それに縁が縁を結び付けましたね、きっと良い力が動いているのです。
Kinuさんの話、この前のマリの話もそうだし、
出会うものもあれば、縁を紡ぐものもあり、
また最後の看取りに選ばれる話(リスの・・・)も。

普段の日常というのが実はとても様々な要素を絡めてこそ在るものか、
それとも普段の日常とは別の何かが働きかけているというものか、
受け取り方はそれぞれですが、特別な出来事自体を特別と知ることが大切ですね。

Kinuさんの不思議。 とっても興味深い話が多いです・・・


私の絵、もうこうなるといたずら書きと変わりません(笑)
スケッチと呼べるかどうかも微妙ですが、とにかく心の中に見えているものを描ける間は楽しくて夢中です。
邪魔が入らなければずっと夢中でいられますが、こういうときは必ず邪魔が入るものです。
この日は、部屋の外から聞こえた誰かの悪態で、心の広場から一気に戻されてしまいました。

> それと木も素敵ですね。


この木、最近丁度良い「丸い実」を手に入れたので作れるかもしれません・・・

良い夢が見れますように、そして穏やかな夜でありますように。
2010.05.02 12:30
Kinu
あまりよいお天気な日に恵まれると
なにもせずぼ~っと外をみているだけで
あっという間に一日が過ぎてしまうような気がします。

Eaさんの一日は盛りだくさんの一日でしたね。
海辺の散策、絵を描きながらお話が生まれた・・・
充実した一日を過ごされたようでなによりです。

私は現実派ですが、
イマジネーションは大切にしています。
そして昔話や御伽噺は結構好きです。
そしてお話を読んだり、聞いたりするとき
結構内容に深く入っていって
涙が出てきたり、笑ったりと
よく感情投入もしてしまいます。

Eaさんがあまりに私を美化されているようで・・・
私は聖人でも善人でもなくただの凡人です。
「善人が一番幸せだ」ということばを
学生の頃に何かの本で読んだのですが、
この言葉のインパクトが大きく残っています。
多分この言葉が私の思いに
影響しているのかもしれません。

私はよく偶然に出くわすことが多いのですが、
今朝も珍しい偶然(相当な偶然となりますね)に出会いました。
いつものように野鳥の餌を何箇所かの餌台に。
裏庭に我が家の猫のお墓があるのですが、
その近くの切り株も餌台の一つになっています。
そこに餌を置くとき、猫のお墓を見ます。
今朝お墓のほうをみたら何かいる・・・
そう思ってそのほうへ近づいてみたら、
2匹の箱亀が愛を営んでいるところでした。
箱亀(ボックス・タートル)は住んではいるのですが、
あまりその姿を見ることはありません。
雑木林で草も生い茂るこの場所で
どうして2匹がめぐり合えるのか・・・
彼らの邪魔をしないように静かに離れました。

Eaさんの絵、本当に夢がありますね。
狼の絵が好きです。
それと木も素敵ですね。

よい日になりますように。
2010.05.02 11:27

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。