スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネズミ

.03 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)
rat.jpg




革の床面で作ったネズミ。
かわいらしいネズミの印象よりも、クマネズミやドブネズミのほうが近い。

私が好きなネズミだ。





少し前の新聞にあった落語の話で面白い話を読んだ。

そこにネズミが登場していて、それで私もネズミを作ろうと思った。
作りたくなるような話だったのだ。


甚五郎という名工の話し。
飛騨の匠、左甚五郎。 この甚五郎の話は幾つかあって、その中の一つにネズミが出てくる。

晩年の甚五郎が奥州に旅した時、仙台の鼠屋という小さな宿に出会う。
話を聞けば、そこの主人は昔、仙台一の宿・虎屋の主人だった。
だけど怪我で体を動けなくした時に、後妻と番頭に宿を奪われてしまったという。

そこで甚五郎は鼠屋のために、ネズミの彫刻を作るのだ。
甚五郎の魂のこもった彫刻には命が宿るという、素晴らしい腕前で彫り上げたネズミ。
ネズミは命を得て、ざるの中で動き回る。
おかげで鼠屋の不思議なネズミは評判になって大繁盛する・・・





rat2.jpg




かたや虎屋は客が減り、虎屋は、かつて甚五郎との対決に破れて恨みを持つ彫刻師、飯田丹下に虎の彫刻を依頼した。
そして虎の彫刻が鼠屋を威嚇するように飾られると、鼠屋のネズミは動かなくなってしまう。

知らせを聞いて仙台に駆けつけた甚五郎。
甚五郎はネズミに訊いてみる。

「お前、あんな虎が恐いのか?」

するとネズミはこう答えた。

「虎? なんだ、私は猫かと思った。」





以上が、新聞の一角にあった落語のお話。

こういうやり取りは面白い。
虎に見えない出来の虎。ネズミは猫のほうが恐いもの。

ネズミはホッとしたのだろうけど、飯田丹下は腹が立って仕方ない話だろう。


こんな話を読むと、私もネズミが作りたくなってしまい、
それで今日はネズミでした(^^)。

私のネズミは牛の革と豚の革、それと石の目にトナカイの毛のひげだけど。




落語って面白いなぁ。





rat3.jpg


スポンサーサイト

comment

ea
ネズミが生きているよう、と言って頂くととっても嬉しくなります。
可愛いネズミに見えると言われるとちょっと恥ずかしいですね。
それに賢そうだなんて、ネズミ共々照れてしまいます。

このネズミは茶色だし、毛も薄いし、おまけに痩せっぽち。
もっとフサフサして太らせた丸い愛嬌のあるネズミを作れたら良かったかしら?と、
痩せっぽちネズミを手に乗せて考えていたところでした。
(革制作で『フサフサ』は非常に難題ですが・・・)
Kinuさんに褒めて頂けたので安心しました。

尻尾の気の毒なドブネズミ。何か発端があるのかも、と思いました。
今度お話しにしてみます・・・


> あるサイトに書き込みましたが、
> 小学生の頃、ドブネズミが物置によく出て

私もこのコメントを見ました(^^)。
Kinuさんらしいなぁ、と思って読んだのです。
でもきっと、Kinuさんは現在でも逃がしますね。
御地では小さい可愛いネズミが庭に住んでいる、と。
確かに猫が沢山いるKinuさんの家では、ネズミも一か八かの鼠生ですね。

そうだ、私、図鑑で見ていたのです。
Voleのことです。・・・その、上記のサイトでお話ししていた動物。
図鑑に載っていたのはヨーロッパ方面のVoleでしたが、
Gopherは「リス亜目」で、Voleは「ネズミ亜目」なのですね。
Gopherのほうはジリスの近縁で、Voleはマウス型げっ歯類。
御地は豊かな面々が揃っています。感動します。

そういえば、Kinuさんのところにはスカンクもいますか?
御地周辺に2種類の有名どころのスカンクが載っていました。
マダラスカンクとシマスカンクです。(Eastern Spottedと、Striped)


すみません、話がだいぶそれてしまいました。

Kinuさんの庭の花々、新しい大きいホースのおかげで夏も過ごしやすいですね。
でも運ぶKinuさんが大変そうです。
消防団員のホースを持つ姿を想像して、それが団員ではなくてKinuさんだというのが・・・
確かにとても汗をかく運動になります。
どうぞ無理のありませんように。膝のことがやや心配です・・・

良い夜をお過ごしください、良い夢を。

2010.05.04 10:47
Kinu
ねずみ、生きているようですね。
いまにも動きそうです。
ドブネズミにしてはあまりに可愛いすぎます。
そして尻尾に品がありますね。
ドブネズミの悲しいところはあの尻尾にあると思います。

あるサイトに書き込みましたが、
小学生の頃、ドブネズミが物置によく出て
親が檻をかけました。
結構大きなドブネズミが何度かかかりました。
父がネズミのはいった折を前の川に沈めて処分していました。
2度ほど檻にかかったネズミを見たことがありますが、
2度ともあまりに可哀相で放してしまいました。
両親にしかられましたが、そうせずにはいられませんでした。
その後檻をかけたかどうか忘れましたが
ネズミが出なくなったような気がします。

当地で何度かみかけたのは小さなネズミで
それはそれは可愛いネズミでした。
家では見ませんが、庭に住んでいるようです。
やはり2度ほど猫に襲われて命を落とたネズミを埋葬しました。

このネズミはペットとして飼いたいですね。
ちゃんと会話が出来そうです。
とても賢そうなネズミです。

今日月曜日はまるで夏のような一日でした。
最近植えたつつじに水をあげなくてはならず、
ホースを消防団員のように担いで
汗だくになって前庭を動き回りました。
新しくしたホースは丈夫なのですが
とにかく重くて扱いが大変です。
でもいい運動になると思います。

よい日になりますように。
2010.05.04 09:55

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。