スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革紐のトンボ

.05 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)
dragonfly2




細く切った革の紐。

これで何が出来るかなぁ、と眺めて考えていたけれど。
編んでなにか作るほどの長さもないし、かがりに向くような感じの紐じゃない。

厚めで柔らかい革で、幅は狭いけど床面がぼさぼさしていて。


たまたま変な長さでぴろ~っと垂れていた革の部分をところどころ切ったものだから、
『その紐で出来るもの』を何とか考え出す。


結果、こういう作りのトンボが生まれてきた。






dragonfly.jpg

(バランスを保てば一応つかまってくれる↑)



大きいトンボ。 オニヤンマくらいあるのかも。
オニヤンマが夏に飛び込んでくるのを思い出した。


小学生くらいの時、夏になるとオニヤンマがそろそろ来るかな、と期待した。
オニヤンマが来るのは大体毎年8月頃で、網戸を開け放した庭側から一瞬の風を切って入ってくるのだ。

「あ!オニヤンマだ!」と叫んで椅子の上に立ってみたり、卓に登ったりして叱られる。

大きくて格好良い、夏の風・オニヤンマ。
私はオニヤンマに手を伸ばして、手に登ってくれるのをじりじりしながら待っていた。

大柄な体なのに静かにそっと手に登るオニヤンマ。
嬉しくって嬉しくって、出来るだけ長く止まっていたらいいよ、と心の中で言う。
でもオニヤンマは1~2分すると、またふっと飛び上がって野原に飛んでいくのだ。

あ~行っちゃったな~、と名残惜しく影を見送る、そんなことが一夏に2度3度はあった。



革のトンボ、長さは30cm未満の紐を6本使って出来上がった。

ぐるぐると巻いた胴体から始まって、胸部と羽、頭部、最後に足。
巻いて結んで差し込みながら作った簡素な、紐のトンボ。


羽は透明なものだから、どうしても革でおおう気にはなれなかった。
でもこれで良かったのかもな、と手の上に乗ったトンボの姿を見て思う。



今日の気温は27度。 室内は30度近かった。
もうじき雨の季節、梅雨が来る。
それが終わったら過酷な季節、天地を焦がす夏が来る。

そろそろトンボ、飛び始めるかなぁ。





dragonfly3.jpg





スポンサーサイト

comment

ea
> 細い皮ひもをどうやって組みながら

これはですね・・・ 成り行きに任せているのですね、実の所(笑)。
私は「なんとなく」見えている形を辿って、ものを作っているらしくて。
編んだほうが良さそうか、単純に巻いただけのほうが良さそうか、
その場でどっちかを選んでいるのです。
作り方を気にするのは革を切らなければいけない時くらいなのです。
編むとか結ぶとか、そういうことに関しては本当に成り行きだらけで・・・

トンボは非常に簡単なことしかしていないのです。
だから作り方を載せようかしら?と後から思ったのですが、
前述したように成り行き上の制作だったので、詳しい寸法など分からないのです。
私の困ったところですね、本当にこういう部分は困ります。

確か30cmくらいの紐が6本だったかな~と(笑)。

編んだ部分は背中のみで、それも三つ編みです。
それに、その他の部分は絡めて結ぶことの繰り返しで、
多分殆どの方が作れると思うのです・・・・・


Kinuさんの絵日記の紹介。
かわいいですね~!! 3年生の絵日記とありますが、しっかりしています。
私の3年生のころはこんなにしっかり書いていませんでした(笑)。
Kinuさんは、先生の話をきちんと聞ける子供だったのでしょうね。

トンボに蚊を食べさせて元気付けようとする件は、Kinuさんならでは。
女の子でそういう発想はなかなか持てないと思いました。
それにちゃんと、トンボが虫食だって知っていたのですね。
えらいです。それでも食べなかったトンボ、きっと寿命が近かったのかもしれません。

それにしても1963年の夏も33度の日があったのですね。
これには驚きました。 

Kinuさんのトンボを図鑑で見ている姿、何となく想像が出来ます。
畳の上に図鑑を広げて、覗き込みながら「ふ~ん」とか「あ、そうなのか」とか、
そうやって夢中になっていそうです。

素敵な思い出の絵日記、教えて下さって本当に有難うございました。
とても大切な思い出ですね。


2010.05.07 12:22
Kinu
細い皮ひもをどうやって組みながら
このトンボが完成したのでしょう・・と
感心しながら拝見しています。
尾の部分、背中の部分の編み技、すごいですね。
脚の様子なども実物の様子を
とてもよくとらえていると思います。

もうトンボ何度も見かけています。
羽が透明と黒のまだらのトンボ、
美しいエメラルドグリーンのトンボ(3匹)
今年になってみかけました。
きれいな青いトンボは毎年みかけますが、
グリーンのトンボは初めてで、感動しました。

何故か小学生3年生のときの夏休みの絵日記が
手元にあります。
自然観察の絵日記で読むととても面白いのです。
トンボの話題の部分をいくつか:

7月24日 (金) 晴れ 33℃

ごごガラス戸にプツンと音がしたのでなんだろうと思ってみたらおにやんまだった。つかまえられないのでしかなたしにずかんをみたらとんぼもずいぶんしゅるいがあるとおもった。
1.おにやんま 2.しおからとんぼ 3.ぎんやんま 4.あきあかね 5.こしあきとんぼ 6.いととんぼ 7.かわとんぼ 8.はぐろとんぼ 9.うちわとんぼ 10.夏あかね 11.ちょうとんぼ 12.かとりとんぼ

8月29日 (土) 晴れ 28℃

おひるすぎいととんぼがとんできた。すこしけがをしていて、かわいそうにおもったのでうちへあげてざぶとんにのせました。おなかがすいているとおもってかをたべさせようとしてそばへおいたがたべなかった。すこしよわっていた。

1963年の夏でした。

Eaさんのとんぼ、居心地のいい場所から
離れたくなさそうですね。
2010.05.07 11:17

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。