スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濃茶のショルダーバッグ

.11 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)
bag-2.jpg



昨日と同じような作り。

昨日は黒かったけど、今日のは濃い茶色。
茶色って一言でいうにしても、茶色は実に様々な色がある。
聞きなれない名前もあるし、今日のは何となくイメージがつけば良いかと思って「濃茶」。

この革は牛シュリンク革で、厚みも結構あって、シボの深さや厚さがどっしりしている。
だから端っこもばさばさ部分が厚いので、やたらに野性味が匂う。





bag-2a.jpg




昨日と同じくらいの大きさは、薄い革ではもう無くて、『シュリンク革の袋』に二つ見つかった。
その一つが今日のバッグになった。
もう一つは形状がちょっと難しくて、二つ折りにしても胴体の面積がとれなかった。


こういう簡単なつくりのものを作ると、よく思うことがある。

見た目さえ気にしなければ、これだけでも充分なのかもなぁと。


バッグを作り続けて数十年の職人さんの言葉も記憶に残っている。
「マチなんて本当は作らなくったって、糸を引いて革を寄せれば出来てしまうんだよね」と言っていたことがある。
そういって、自分の作ったバッグの群れから一つ、糸を引いて革を寄せたバッグを見せてくれた。

中にはきれいな布が張ってあって、いくつかのポケットがついていたので、
『やっぱりちゃんとこうして作るものなのですね・・・』と私が感嘆の呟きをもらすと、
「うん。こうやらないと、ちゃんとしてない、って思われちゃうからね。」と答えていた。
その時の職人さんの表情や声の調子が忘れられない。
私が革の床面が好きだと職人さんに話したときも、職人さんは「私だって好きだよ」とすぐに返した。

本当はね、出来るだけ手を込ませないで作りたいんだよ、という気持ち。



長く使うからいろんなところに手を込ませるのだというのは分かっている。
逆に言えば、長く使えないのは手入れや加工が手抜きの状態だということかも。
だから革のものは、磨いたり丁寧な縫い方が大切なんだろう。

だけど・・・ と思うのはしつこいのか、それとも分かっていないのか。
私は思うのだけど、ずっと昔の革のものは、今よりも手の加わり方が少ない加工でも作りでも用は足りていた。
皮をなめす時だって今よりも数百年前よりも、歴史前のほうがシンプルだっただろう。
縫うとか繋ぐといったところで、わざわざ膠や木のヤニなどでくっつけてから・・なんてしなかっただろうし、
先に少し穴を打っておいて糸になるものを通すとかそのくらいだったと思う。
それでも長く使っただろうし、使いにくくなっても『使えなくなる』までは使っただろう。


・・・なんだか話しがどんどん走っていっている。
ちょっとやめとこう。




簡素でも単純でも、中に何かを入れられる状態を作れれば、それが初めの目的だと思う。
私はきっと、ずっとこういう感じのものを作っていくのだろうなぁ。

なんてことを考えていた、雨の日・・・






bag-2b.jpg



スポンサーサイト

comment

ea
Kinuさんのガーデニング心、意欲的だということで何よりです。
ブログにお邪魔して写真を見てきましたが、ガーデニングも相当な広さ。
広い広いと思ってはいましたが、手入れといっても人力ですものね。
すごい重労働ではと想像しています。

沢山植えられた一年草、多年草、野菜、ハーブ。
木々の剪定、土のケア、本当にご苦労様でした。
きっと目も眩まんばかりの美しい植物の姿がこれから待っていますね。
Kinuさんが一生懸命、愛情を持って丁寧に配慮してくれたんですもの。
夏の溢れる生命が楽しみですね(^^)!

アライグマにトマト・・・ アライグマがトマトをもいでいるのかと思うと、
非常にかわいいです。
でもKinuさんの家のトマトじゃなかったら酷い目にあわされそうですが・・・

Kinuさんのサラダの話も読んでいて絶対美味しいだろうと思いました。
フェタチーズまで用意されたら、かかっているのとかかっていない状態のと、
両方食べたくなります。 きっとみんなそう思うはずです。

庭仕事のおかげで、健康的で自然な姿になったKinuさん。
日に焼けて、素敵な擦り傷や虫刺されのあとが残る腕や足。
私はそういう姿が一番、人間として美しいと思います。
そんな人が、カラフルなサラダを持って現れたら、
そんなに美味しそうな演出は他には無いと思います(^^)。
2010.05.13 12:28
Kinu
Eaさん、創作意欲が活性化してきましたね。
黒と濃茶のショルダーバッグ、
Eaさんらしい味がよくでています。
端革をなるだけ切らずに作る姿勢、
その姿勢に端革が応えているように感じます。
アクセサリー、縫い目、そろえかた、
そこここにEaさんの繊細さを感じます。
とてもいい作品ができましたね。

私は脳内ガーデニングスイッチがONになり、
このところ庭にて労働をしています。
本当は長袖を着てやらなくてはいけないのですが、
暑いのと(もう夏日です)、
思いたったら外にでてしまうために
袖なしの軽装で庭仕事を始めてしまい
植物で腕の部分がかぶれて湿疹ができたり、
虫に刺されたりして
改まった所に行くときにはどうしましょう・・・
という感じになってきてしまいました。
肌の色も色づいてきて
まだ春の終わり頃ですが先が思いやられます。
でも当地の暮らしはとてもカジュアルなので
助かっています。

最近小さな花壇にトマト、オクラ、ナス(日本の)、
そしていろいろなハーブを植えました。
普通玄関横の花壇なら
美しい薔薇とか、見栄えのよい花を植えるのでしょうが、
我が家の場合は野菜とハーブ。
特等席に野菜やハーブを植えることで
一番注意をかけてあげられますから。
オクラの花はとてもきれいです。
トマトは多分アライグマや
他の小動物が食べてしまうかもしれません・・・

御地の陽気はいかがですか?
こちらはここ数日夏のような陽気です。

よい日になりますように。
2010.05.13 09:57

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。