スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫用・手紙入れ

.15 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)
catmail3.jpg




猫のメッセンジャーの話しを書いたことがあったけど。
今日の小さな手紙入れも、猫がつけるサイズに作った。

横幅4cm、奥行きは1cm程度。
本当に小さな、だからこそ大切な言葉だけを選んでしたためた手紙を入れる、そんな手紙入れ。


後ろにはDカンの金具が2個、左右に開くように付いていて、そこに首輪やリボンを通す。
写真では5mm幅の革の紐を通してある。
猫に負担になるような重さは良くないし、鈴ほど軽いものでもない。
ぶらぶらと揺れては猫も気になって仕方ないだろうから、できるだけ揺れないようにした。

ちょっと救助犬の樽のような感じ?
・・・でも役割はハトの足輪に近いのかなぁ。





catmail2.jpg




だがしかし。
こんなものを首につけて、手紙を運んでくれるような任務を引き受ける猫もそういないと思う。

以前話しに出した猫はきっと何かしら役割を分かっていたのだろう。
その猫は首輪に挟まった手紙を、飼い主とお邪魔先(お食事先  ) に交互に運び続けたのだから。
いくら偶然とはいえ、猫が気まぐれに来たのなら話は最後まで続かない。
偶然と呼ぶには始まりから最後まで充分整っていた、メッセンジャー・キャットの不思議な話し。

近くにそんな猫がいるのなら、この手紙入れを是非使ってもらいたいもの。



たった1枚のメモのやり取り。

それがどんな幸福に導いてくれるのか。
1匹の自由な猫の足取りに導かれていく、そんな素敵な話しは今もどこかで起こっているのかもしれない。







catmail.jpg



スポンサーサイト

comment

ea
> この手紙入れをさげた猫、見てみたいものです。

私も思います。
円筒形の手紙入れは何となく救助犬の首についている形をなぞったのです。
これはとても小さいけど、猫がこのケースを首につけていたら。
私は『何か特別なことが始まるのでは、』と思ってしまうな、と。
とにかく猫に、おいでおいでをして、ケースを開けたくなります。

Kinuさんちのミミ、もしかしたら着けてくれたかも。
灰色の美しい猫がひょっこりやってきてメッセージがあったら素敵ですね(^^)。


> このところ同世代の当地の友人が
> 末期癌の病状が深刻化しており、

> ひとりひとりの様々なドラマは
> その人だけのテレビにしか映らない。
> 限られた人にしか観られないドラマ。
> もしそのドラマの存在を知ったなら
> できることはしようと思うのです。

Kinuさんのブログに書いてあったので、この方のことは知っています。
とても前向きな方で、作品を作ったりすると・・・

私はKinuさんの記事を読んだとき、私だったらどうするのかしら、と思うのです。
私の周囲に闘病生活を送る人を知ったら。
なんて言葉をかけていいか、どんな行動を取ったら手伝えるか。
私は毎回、それを考えるのです。

そうですね。
Kinuさんの仰るように、人それぞれのドラマは限られた人にしか観れない。
そのドラマを知った時、それを見る位置に居て良い、というサインに、
私も出来ることはしたいと思うでしょう。
今は、Kinuさんから聞いた話の中の彼女のために祈ることをします。
その方にとって、良い方向に向かうように祈ります。


> 御地はいかがですか?

はい。 こちらは陽射しは痛いくらいに暑くなりつつあります。
でも一旦雲隠れしてしまうと、突然冷え込んできます。
きっとまだ空気はそこまで熱気を伴っていないのです。
雲がかかっている太陽でも、青空がまだ見えているとき、
そういう時は不思議と空がまぶしく感じます。

そろそろ梅雨の季節が近づいているのでしょうね。
私にとって非常に苦手な季節です(笑)。
2010.05.16 00:49
Kinu
猫用手紙入れ、とってもいい作品ですね。
猫のメッセンジャーのお話覚えています。
昔いた我が家のグレーの外猫ミミのことを思い出しました。
時々姿が見えなくなって、
少し経つと帰ってくる。
健康にも問題ないし、
何処へ行っているのだろう、
とよく不思議に思っていました。
もしかしたら我が家の他にも家があって
行き来していたのではないか、と思っています。
そのミミにこの手紙入れをつけたら、
どうだったでしょう・・・とふと思ったりしました。

皮の風合い、真鋳のようなホック、
なんともいえない形、
この手紙入れをさげた猫、見てみたいものです。

このところ同世代の当地の友人が
末期癌の病状が深刻化しており、
彼女の様態がどんどん落ちてきているのです。
ご主人から友人たちへ送られるメールを読むと心が痛みます。
でも長い間癌の治療で大変な思いをしてきた彼女、
できるならこれ以上彼女が苦しまないように、と思います。

世の中は人に何が起きようと関係なく動き続ける。
ひとりひとりの様々なドラマは
その人だけのテレビにしか映らない。
限られた人にしか観られないドラマ。
もしそのドラマの存在を知ったなら
できることはしようと思うのです。

当地はこのところ夏日の毎日。
もうすっかり夏のいでたちで
汗をかきかき動いています。

御地はいかがですか?
2010.05.15 23:50

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。