スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土の精

.25 2008 未分類 comment(0) trackback(-)
「もうさようならね」

と土の精は笑顔で言う

『また逢える?』

と私は尋ねた

「皆いつかしんじゃうわ でも命は続くのよ
 またどこかで逢いましょうね」

土の精はゆっくり空を見上げて
その後 地平線を眺めた

「あんたがしんでも命は終わらないのよ
 あんたが全部 なくなっちゃうんじゃないわ」

私は黙って聞いた

土の精は振り向かないで静かに話した

「あんたに逢えてよかったと思うのよ
 だって あんたは自分のこと知らなかったじゃない
 もっとよく知ったほうがいいわ
 
 役に立つとか 必要にされるとか
 そういうことより前に あんたがいてほしくて
 今 あんた生きているのよ

 生きててくれてありがとうね
 あんたが生きているおかげで皆が廻るわ」

私は少し意地の悪い質問をした

『今迄出逢ったたくさんの誰かにも同じコトを言っていた?』

土の精はいっそうにっこり笑った

「同じコトを言っているわ
 でも あんたに言うのは初めてでしょう?」

私は何も言えなくなって笑った

土の精も笑った

「あのね、自分が分かっている人のところには行かないわ
 自分がどこにいるか分からなくなっちゃった人のところに行くの

 あんた もう分かったわね?
 自分で自分を消してしまわないのよ」

私は『またね』とつぶやいた

土の精も「またね」と答えた

小さな背中を向けて土の精は歩き出した


ヒースの丘を越えていく

曇り空が金色の光で分けられる中

淡い明るい空の青に縁どられて

緑と黒い土の丘を

小さな背中が点になって見えなくなった
 




スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。