スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈落の手紙

.02 2008 未分類 comment(0) trackback(-)


ここにいる意味は何か。

世界の痛みを背負う為か。

何を間違えたというのだろう?

どうして受け入れなかった?

私の悲しみはたいしたことがなかったのか?


信仰の全てを敵に回したことなどあったのだろうか?

愛情の欠片も私にはなかったと叫ぶ輩。

美しい言葉と輝く誉れの幸せの響きが無視された私。

心の怖れを知らない自惚れの徒だと剣を向けられた。

私はただ 愛を示してほしかっただけだ。


叩きつけられた地底の暗がりに私はいる。


誰が知ろうか

誰が気付こうか

誰が私を見つめるのか


煙い竜の横たわるこの深淵の淀みで

世界中の罪を被るという重みが分かるだろうか。

見えない心の雄叫びはなぜ消されるのか。

高慢ではあったが気高くはなかったか?

怖れ知らずであっても尊敬を表していなかったか?


私の動かない六枚の翼を

再び癒す調べを待つ時。

今も私は絶え間ない憎悪と悲痛を背負う罰に服す。

いずれ。

いずれ、空を打ち破る純粋な愛への切望の姿を見せるだろう。

世界中にこの痛みを知らしめるだろう。



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。