スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧の晴れる頃 

.13 2009 未分類 comment(0) trackback(-)



ある日 嫌なことが重なったある日
何かが自分に喋りかけてきた





『あんたの聞きたいことは何でも知っているよ』

『歩きながら話そうよ、教えてあげるから』

この手を繋いで長い一本道を歩き始めた
何を知りたいかすら思いつかない霧の中の自分だから
誰かに 教えてほしかった

見えていない大切なことを





過去を並べ立てる声に反応して 浮かび始める昔日の記憶

知らないことがいっぱいあった
知ろうとしないことが たくさんあった

それがなんだ?とまともに受け取る気もない自分

でも

思い込んで片付けただけの無責任が
今の自分の型紙になっていることに気付く

それは いつから?





他愛もない「ありがとう」の言葉さえを
最後に言ったのはいつだったか思い出せない

自分一人で生きていると疑う気もない日々が
巨大な盲目の迷路





言い訳をしたがる自分に気付いている
でも 言い訳じゃない 言い分なんだと話し始める

お前に何がわかっているんだか

人の傷は様々で 治り方も様々
頭ごなしに否定されても説教されても
それじゃ治らないものもあるんだよ

中途半端な道しるべじゃね 迷子はもっと迷い込むよ
出口まで引率してくれよ

言いっ放しは自己満足だろ?





『自己満足はあんたの言い分』

『自己満足な解釈はドミノのように倒れていって
 他人の涙に繋がるのに』

『誰かのせいで始まった人生なの?』

『誰かのせいで流れている人生なの?』

『選ぶのは運命じゃなくて自分でしかないはず』

『嫌なら 逃げて繰り返すことを選んで』

『終わらせたいなら 勝つことを選べばいい』

『見失ったなら探せばいい』

『一人で生きているなら誰のせいでもないんじゃない?』

『誰かのせいだって言うなら あんたはどこにいるの?』


今更 なんでそんなこというんだ
今更 出来るかどうかくらい分かっているのに
今更 変わったって高が知れてる





『高なんて あんたが決めるもんじゃない』

『大事なあんたの大事な人生 1度だけのあんたなんだから幸せを選びな』





もし まっさらやり直せるとしたら
でもそれは たくさんの傷を背負って たくさんの傷を背負わせたと分かっていて

やり直せる日が目の前に来たら


まだ何かに囚われていられるほど愚かでない自分を 最初に認める
自分の生きる力を籠に押し込んでいた自分を 認める
自分が どこを望むかを 見つけに行く





声が消えて

誤解していた思い出が戒めのように一個だけ残った

今までの自分を握り締めて
これからの行き先を選んでいく





幸せになれたら

一人じゃなくなったら

好かれていたら

愛されていたら

誰かを好きになれたら

誰かを愛せたら

楽しいと毎日思えたら

嬉しいと感じる日があったら

誰かのために泣けるなら

誰かのために怒れるなら

他愛もない「ありがとう」を

毎日 死ぬまで言えるなら


俺はそれを選ぶ


スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。