スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウサギもどき

.05 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)
usagi3.jpg



真正面からでもなく、真横からでもなく、後姿の写真には訳があり・・・

単に出来が悪いのです・・・


これにも訳があります。
ちょっと粘りますが。

この、ウサギにしては背中の伸びた、白いモジャモジャは羊毛皮で作っています。

いつものように、切ったり縫ったりしながら作ればよかったのですが、
私は今日は試みをしてみることにしました。

その試みが今日のウサギもどきの始まりです。





usagi2.jpg



ひっくり返すと余計に悲しくなりますが、こうしないと見えませんので仕方ありません。
見えてほしい部分は、空洞になっているところ。

私は今日、このウサギを折って作っていました。

折りこんでいるのが見えるでしょうか?
床面はガサガサとしていて、非常に強張った皮です。
これは、他の柔軟で使いやすいいつもの革の質とは異なります。
でも、この革だからこそ出来る方法もあるのでは、と思いました。

この床面に適度な水を含ませて、折る、という方法。

折ったらどうなるんだろう、と思って、羊毛皮の端っこを使って折ってみたのです。
僅かな革でぶら下がっている端っこをちぎって、床面に水を含ませてみました。
そして、折り紙のように半分に折って、お尻になるところを斜めにたたんでみることにしました。

すると。

やはり革は水分を吸って柔らかくなったばかりか、
他の革とは違う、どちらかというと和紙などのようにそのままたたまれていました。

水分が飛んで乾いても、折った箇所はそのままになり、これで何が出来るだろうと・・・

思ったのが、今日のウサギもどきの始まりでした。


つまり、このウサギもどきは、一枚の変形の皮から折り紙ならぬ折り革で出来上がったのです。

耳は、切れ目を入れた頭の部分に、角を二つに裂いたところを内側から差し込んで引き出しました。
また、ところどころハゲもあったので、そのハゲは気の毒なので他の羊毛皮を張ってあります。

でも基本は1枚のちぎれた革を折って作ってあります。


毛のある革で折り紙のようなことが出来るとは思いませんでした。
しかし今日手がけたのが最初で、それで出来まできちんと予測して作ることが適いませんでした。
それが何とも惜しいところ。

でもこのウサギもどき、大切なサンプルになってくれたことは確かです。


ということで、出来は不出来でも、記録に残しておこうとした次第です
折り作りのウサギ(もどき)でした。




スポンサーサイト

comment

ea
折り革細工・・・
不思議な響きですね、普段革を折らないからでしょうか。

でも、革細工で革を折るというのは珍しいことではないのです(多分)。
豚の生皮は透けるような半透明の革ですが、それは水分を加えて折ったりします。
普通のなめし革でも折った形で乾かすという使い方もあります。
だからきっと、珍しいことでもないのかもしれないです。

ただ、毛のある革を折るということが私は思い当たった時がなかったので、
今回のウサギはそういう意味では面白い体験を得たと思いました。

そしてこのウサギは、折って、たたんで、
折り紙の要領でふくらみを持たせる『ひっくり返し』など、
そうした方法で背中を若干丸めたり、首と胴体を少し段差をつけたりしました。
それは毛が生えていて厚みがある革では、これまで見たことのない姿でした。
きっとこの先、この折るという経験が役に立つときが来ると思います。

日本人でよかった(笑)と思いました。
そうでなければ、鶴や風船のように折って丸みを出して等、考えなかったでしょう。
それにハゲがわからなくて良かった(笑)


スイカ、Kinuさんはお腹いっぱい食べても大丈夫なのですね。
私は小さい時からよくお腹が冷える子だったので、
未だに冷たいものを沢山食べると腹痛で動けなくなります。
最もそれほどまでに食べることもないのでしょうが・・・

でもスイカは冷たいほうが良いし、スイカはそもそも大きいものだし、
涼をとるために夏場の楽しみでもあるものですし、
やはりお腹が痛くなるまで食べてしまうのです。

Kinuさんは最近になってよく食べるようになったのですね。
御地のスイカは楕円形のスイカですか?
一つ一つが大きそうです。

Kinuさん、良い眠りにつけますように。


2010.06.06 10:31
Kinu
折り革細工とでもいうのでしょうか。
このようなことが可能なのですね。
折るということから受けるイメージは直線。
このウサギのやわらかい曲線が
折ることから生まれている、のですね。
ほこほこした毛の感触と
なんとなく笑顔を誘う後姿、
たった耳の様子もみんなかわいいです。
思いがけないこととの遭遇。
今回はかわいいウサギが生まれました。
よかったですね。
ハゲの部分、全くわかりません。

スイカってお腹がいっぱいになりますね。
でもとても美味しいです。
身体が冷える感じ私はないです。
多分時期が終わるまで毎日食べるような気がします。
本当にいままでこんなに食べたことありませんでした。

Eaさんはそろそろお目覚めのころ、
よい日になりますように。
2010.06.06 07:16

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。