スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革と紅玉の腕輪

.10 2010 革の部屋 Leather comment(0) trackback(-)
br-round3.jpg



ダイヤモンドの次に固い硬度の石、紅玉。
小さな紅玉がほんの少しのぞく、焦げ茶色のしっかりした革の腕輪。

今、書きながら思ったけど。 あら? 紅玉って、リンゴにもそういう名前あったかも。
私はリンゴは小さめで酸味の強い真っ赤なリンゴが好きで、確かその名前が紅玉だった。

今更気がつくこの間抜けさがやや悲しい・・・

だがそうか、では尚のこと腕輪についた小さな紅玉は私の好きなものと通じる。

何となく得した気分。
こういう「うっかり偶然」というのはとても嬉しい。


しかし実際のところ、リンゴのほうが赤いのが今日の石。
私が使う石は皆原石に程なく近いレベルのもの(大体、原石)であるため、これは仕方ない。
とても紅色には見えないが、紛れもなく成分は紅玉。




br-round2.jpg



さて。
紅玉のことはもういい。

腕輪の幅は1,5cm。腕輪は拳を抜けて腕に着ける形なので、直径が広く出来ている。
内側の直径は7cm。
この7cmの円に通る拳の人なら着けれる。

ただこの無骨な革の腕輪を着けようと思える方がいるかどうか。


私はこの色も質も好きだが・・・ 
それに革が主役であることは基本であるために、やはり女性には向かないかもしれない。

革が良い雰囲気を出していたので、つい手持ちの紅玉と組んで作ってしまったが。

使う人が現れるまでは腕輪はお蔵入りになりそう・・・





br-round.jpg



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。