スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬の歯

.09 2009 他素材の部屋 Other material comment(2) trackback(0)



これは作っていない。見てのとおり、ナチュラルだ。
日曜日に海へ行った。貝を拾うというのはこの前の話で、昨日はただ、海へ行っただけだった。私が子供のときに遊んでいた地域の海だ。

この歯はその砂浜で拾った。
たまたま、そこにあったのだ。この浜は、昔からそうなのだがちょくちょく見慣れないものがあがる。多分、そういうのが来やすいんだろうと思う。
始めこれが何か見当が付かなかった。貝ではなさそうだし、骨にしては硬すぎる。海は多くの生物が生きているから、知識のない分野でのほんの一部分を欠片として受け取っても分かるはずもない。帰り道、しばらく手の内に握り締めていた。
見れば見るほど、ひっかかる。一つ、気になっていたのは、以前に加工した羊の臼歯の思い出だった。
何だか形が似ている。表面のエナメル質はきっと歯ではないかな、とそのときを思い出して考えた。ただ、でかい。なぜこんなに大きいのだろうと思うと、草食動物の臼歯のような気がしてもそこから想像が行かなかった。
日本にこんな大きな歯の草食動物なんていたかしら・・・と止まってしまっていた。

うっかりしていたが、いた。馬だ。
海からの帰り、山へ行ったのだが、山頂に乗馬クラブの人たちが来ていた。馬が繋がれていて、馬って大きいなぁなんて改めて見ていたのにその時は気付かなかった。あの頭蓋骨ならこのサイズの歯がアリだ。

家に戻って調べていくうちに、漂流物に馬の歯があると知った。私が拾った浜辺も馬の歯や骨が見つかり易い場所らしい。
海で馬の歯なんて直結しなかった。だが、昔、馬は戦に使われて死んだりすると、浜で処分していたとあった。戦でなくても、家畜として死んだ馬や牛を浜で葬ったとか。捕鯨の歴史がある日本だが、鯨や海豚なども解体した後浜辺に置いといたらしい。考えてみれば、大型の動物の骨を毎度埋葬する習慣はなかっただろうし、食料として食べていたり、家畜として扱っていたのなら、骨や歯を貴重な遺物としては見なかったかもしれない。それできっと今日もゴロゴロしているのだ。

四方が海に囲まれた日本だから、漂着物は多様だ。
見分けが付かなかったり、部分的な物体への知識がないために、数ある珍しい漂着物も素通りしているだけで、実は足跡を縫うように歴史のお土産は砂に埋もれているのかも。

縁あって、今まで見たこともなかった何十年か前?の馬の歯。
私のところに来てくれたのだから、どうか良い形にして今後ものこっていてほしいもの。
しかし「大きい」のが頭を悩ませる。縦7?×横3?、幅も3cmの、エナメルだ。生ではないが、そう古くもない。この硬さを切るとか加工するとか、手作業でとなるとどうしようか。

丸一日経っても馬の歯が気になるなんて。
海のお土産は、浸かりきった日常と距離を空けてくれる、良いお土産だった。
スポンサーサイト

comment

Kinu
eaさん、もう御地は明日の朝ですね。
こちらは土曜日の夜です。
馬の歯、初めてみました。きれいですね。
ごらんになったかどうか・・・
物凄く感動した映画にコッポラ監督の
ブラック・スタリオン(邦名少年の黒い馬)
という映画があります。
eaさん絶対好きだと思います。
もし、もし機会があったら観てみてください。
少年と馬の海のシーン、
いったいどうやって撮ったのだろう・・・と。
きれいですよ、とっても
2009.09.20 10:08
ea
馬は好きです。よく牧場にいって、撫でたり話したりします。

どこかのお金持ちの馬みたいだけど、
管理しているのは牧場の人達なので、
しばらく触っていても何も言われません。

ブラック・スタリオン、ですね?

今日借りてきます(^^)
2009.09.20 12:00

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/57-9c522a50

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。