スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラフトマスの絵

.11 2010 未分類 comment(0) trackback(-)
masu.jpg



部屋が暗いと色が違って見えるから困る。
もう少し魚らしい色なのだけど。


側線の上だけに斑点が集まってしまったのは反省点。
そのことに終わってから気がつく私の間抜けさって、一生続くのかしら・・・


私は何度もブログに書いているけど、図鑑が大好きなのだ。
子供の頃から、枕元にあったのは大体図鑑だった。

今もあまり変わっていなくて、3日に一度は必ず図鑑を見ている気がする。
図鑑は楽しくて仕方ないのだ。
きれいな絵がたくさんあって、写真もあって、世界中に住んでいる生き物が載っている。
全部なんて載っていないけど、持っている図鑑の生き物全てを暗記してるわけでもないから問題ない。
いろんな動物が次々に目の前に飛び込んでくるのは嬉しくなるほか何もない。

とにかく、いつ見ても図鑑は好き。


魚の絵を見ていると、とても丁寧に美しく描かれている。
中でも身近な魚が載っていると、その緻密な観察力に驚く。
だって、買い物で買える魚が図鑑の中に描かれているのだ。
全くそのまま、何も違うところもなく、そこにその魚がいる。


私はマスの絵や、パイクの絵が好き。
深海魚の絵も好きだけど、湖や河に生息している淡水の魚が何となく好き。
あんまり出会わないから、きっと魅力的なんだと思う。

そんなことで今日はマス。
カラフトマスを描いて、ちょっと図鑑の絵を目の前で見たかった。
でも図鑑のほうは、ちゃんと斑点が側線の下にもあったけど・・・


画家に見せたら「美味しそうだ」といってもらえた。

絵ってやっぱり楽しい。
描くとキリがない。





masu1.jpg


スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。