スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行き詰まり

.26 2009 一人芝居の部屋 comment(0) trackback(0)

最後に書いてからどれくらい経っているのだろう。
書いて字のごとく、行き詰まりだ。
私が行き詰ると周囲が迷惑するくらい凹むので、極力行き詰まりを気にしないでいたかったのに。詰まるだけ詰まってしまった。

そんな時に起こることは大抵前向きなことではない。身近な人もどっぷり自己嫌悪に浸かりきっていたり、たまたま会話をした人の悲しみや悩みを聞く立場になったり。前向きかどうかという話しじゃないけれど、私自身がくしゃくしゃのチリ紙みたいな状況では共倒れになりかねない。

家がなくなった時でもこんな喪失感はなかった。
日常だけでも前向きに、と手を動かすが空回りする。空回りは止まらなくて、とうとう座り込んでしまった。



端革の切り余りをさらに使って描いた絵がある。
牛の絵を描いた。一部しかここには載せなかったが、まだ手を加える箇所があるから完成だと思えなかった。

切って小さなタイルのようになった革を板に貼っていく作業は、自分への感情と重なってしまう。要らないと思われてゴミ箱に捨てられる部分が一つずつ、絵になっていく。自分も世間から見たら『要らない』タイプの人間だと思うが、それでもひしゃげないで生きていけば一枚の絵になるんだろうか、なんて考えた。

『一枚の、「完成した絵」になりたいから、なろう』と静かに呟いた。


私は自分の過去が嫌いだ。
過去あっての自分であることは承知でそれでも嫌いだ。
人でなしだったし賊のようだったし、汚さも狡さも揃っていた自分に、ある時から嫌気がさして変えようと決めた。
こういうブログも「くだらない」と笑っていた自分が、今何を血迷ったかささやかな手作業を載せたり話しを書いてみたりで続けている。
でも、今のがいい。そう思う。そう感じる。

やり直しでもゼロでも、みすぼらしくても、貧しくても、あの時よりはいい。
外を歩くたびにじろじろ見られても、毎日擦れ違う人に挨拶を無視されても、親に屑扱いされて否定をされても、だけど今の自分のほうがいい。
それでいいじゃない、と骨の折れた傘を差して歩いている今。
薬が切れたら死んでしまう猫に毎日『ごめんね。検査してやれなくて』という今の自分のほうがいい。猫の薬代がやっとな今は良くないけれど、でも、そうやって思い遣ることの出来る自分のほうがあの時の自分よりずっと、生きているって感じがする。

だから、新しい生き方の行き詰まりに出くわした時、自分が出来るか出来ないかの範疇で付き合いや人生の損得を数えるような嫌なクセを振り払おうと、身に染み付いた泥を剥がすために立ち止まる。それで、凹んでも空回りでもいつか『一枚の絵』になりたいから、また進んでいこうと強く思った。



・・・ブログって難しいです。
もっと気さーくなブログが書けたら、こんな真面目に重くならないのでしょうが。自分はもっと人馴れしないとなりません。
読んで下さって有難う。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/59-b868f9b3

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。