スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな絵本・5日目

.31 2010 未分類 comment(-) trackback(-)
note0830a.jpg




明日から2,3日留守にする。
ほんの少しの現実逃避のような、そんな時間を過ごす為。

昨日は用が入って絵が描けなかったけど、
今日は描いておきたかった。
留守中に絵は描かないだろうから。


哺乳類は形が様々で・・・ と、この前書いたのだが、本当に描けば描くほど実感する。

進化論が得意分野の画家に話し相手になってもらって、
哺乳類がいつ頃から現存の特徴を備え始めたのかなどの興味深いことを聞いた。
そうはいっても過去を探るのは推測。
どれが正しくとはいかず、どれが可能性を多く出せるかという推量の枠。
でも楽しい話題であることは間違いない。




note0830b.jpg



カバを描きたかった。
このカバは殆ど黒い肌のコビトカバ。英名 Pygmy Hippopotamus。

小さなカバで性格は穏やか。 普通のカバの恐ろしさに比べると大人しい気性。
かわいそうに、こんなにかわいいのだけど、地元の方々の食事にもなっていた。
森林に住んでいるためか、原始的な風貌でカバにとっては先祖的。

カバはその荒々しさに苦手なのだが、コビトカバは好き。




note0830c.jpg


ゾウに続いてサイもよく描いたと思う。
このサイはインドサイで、体の鎧が自前の皮膚。
そのあまりにも魅力的な鎧の体躯に絶句して魅入ったことがある。

それは動物園で見たインドサイだったけど、いつかインドの国立公園の中にいるインドサイに会いたい。




rino.jpg


私が随分前に描いたサイ↑。

ブログ上では3度目くらいの登場。知っている人は知っているだろうから小さめに。
興味のある方は大きくしてご覧下さい。 これはクロサイです。



今は有蹄類を描いている。

旅行から戻っても有蹄類の続きだと思う。
今は草食動物ばかりを描いているのだけど、肉食動物よりも体格が大きいなあとつくづく感じる。
肉食動物は草食動物よりも体が小さい。

爪ではなく蹄になり、牙ではなく角を持つ動物たち。

弱いようでその種類は多く、脆いようで屈強な姿。
有蹄類は面白い。





note0830d.jpg




スポンサーサイト

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。