スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い絵柄

.23 2010 他素材の部屋 Other material comment(2) trackback(-)
Azulejo.jpg



昨日、記事の中で『粘土は助っ人だから・・・』と言っていたわりには。

夜中になるとどうしても作りたくなって、『簡単なやつだったら、良いかな・・』と
言い訳を考えながら数日前からちっちゃいプレートを用意していた。

知らない分野の素材を見ると(入手すると更に)、
どうにも大人しく出来なくなるこの性分。
夢中になりすぎるのを抑えるのが精一杯。

何かを作りたくて作りたくて、どうにかしてやってみたい・・・ この歳でもこれか~


全然素人なんだから、失敗だらけで平気!とまで思えるのは
ただ単に触りたくて作りたいからという口実にさえ思える。

とにかく何でも良いから、簡単で良いから、何か作りたい。


でもどうして良いかは分かっていない(笑)

それで、『乾いたところに絵を描けば、何となく形になるかもしれない』と
それだけ目的にして作った平たい正方形と円形のプレート。

恥ずかしいことだが、ほとんど考えなしである。


それで今日は丸一日涼しい雨の日だったので、更に都合が良い。
言い訳としては、『手元が暗いから簡単な作業のほうがいい、絵の具を使うなら単色がいい』。


という長い前置きで、今日は乾燥粘土に絵を描いた日になった。





Azulejo1.jpg


お皿に見立てて、絵の具で模様を入れた3枚。
お皿としては歪みが目立つので使用は困難だろうが。

直径3,5cm。

・・・・・靴を作るときもこのcmだった。
私は無意識に3,5cmが好きなんだろうか?

まぁ、いい。


今回描いた絵柄は、いろんなサイトにあった青い絵柄のタイルや食器を見て、
私の好みのものを選んで描かせてもらった。

手描きでこその表情や素敵な雰囲気が、見ているだけでも楽しい。





Azulejo3.jpg



このプレートはちょっと小さめ。

4種類あって、四隅に小さい模様が付いている。
小さく絵を描くので難しいなぁ、と真剣になってしまった。




Azulejo4.jpg


ほんの少し大きい5種類のプレート。

こちらのほうが若干大きめなので先のものに比べると
少し気持ちが楽に描けた。





Azulejo5.jpg




もしもこれが本当の大きいタイルに描くのだとしたら。
それを考えると次々に、私が描いても良いならこの絵はどうだろう、とか考えてしまう。

タイルに絵を描く、食器に絵を描く。

殆ど芸術の世界なのに、庶民の側から決して離れない職人の絵。
こうした伝統が穏やかに麗しく漂う国に生きていたら、それはとても恵まれている気がした。


私が参考にしたのは、ポルトガルの青い絵。


小さな小さな絵を描いている間、
頭の中に、いつか人から頂戴したファドという音楽を思い出した。
叫ぶように歌う女性の情熱的な曲が頭に巡る。

そうか、と言葉にならない何かが閃いて、白い影のように風景が見えた。



窓の外は雨。 時折強く、時折弱く、歌うように雨は落ちる。
薄暗く、薄明るい窓の光。 
太平洋から近い私の部屋の窓に潮の匂いが立ち込める。

太平洋の向こう、さらに大きな大陸を越えた向こう側の海にある国。


一昨日も昨晩も、何の気なしにポルトガルの料理を作ったのも、
ちょっとだけ不思議な繋がりのように思えてくる。
ただ大好きなコジードと鶏のアロースを作っただけなのに、
行ったことも見たこともないポルトガルに少し近づいたお得な気持ち。


さて、意外と良いものが出来たがこれらを何にしようか。

マグネットにしようか、クリップをつけようか。
用途を考えなければ(笑)


そのうち誰か、もらってくれる人を探して好きにしてもらうのも良いかも。

やっぱり作って楽しかった。






Azulejo2.jpg


余った小さな塊の粘土。 それは丸めてパンにしようと思った。
パンにしては・・・ 少々こげているが。


普通サイズのネズミから見ると、このパンでは全く腹の足しにならないね。





スポンサーサイト

comment

ea
おはようございます(^^) イプシロンさん早いですね~!

同じ日本に住んでるはずなのに、起きるの早いです。
今日は早起き失敗して二度寝でした(笑)

イプシロンさん、こういうの好きですか?

可愛らしい、って良い言葉です(^^)
私も描いていて何度も可愛いな~って思いました。


>青や藍を使った工芸品て不思議ですよね。
>様々な国でこの色を使って絵を描いた工芸品があるのに


そうですよね、工芸品ってお国柄が出ますね。

描き終わって乾かしている時、
『そういえば日本も中国も東欧も、藍色の絵柄好きだな』って。
なんでポルトガルをすぐに思いついて決めたかは
最後まで全く分かっていないままでしたが(笑)

多分絵が柔かくて庶民的な可愛らしさを見たからでしょうね(^^)


>eaさんの国の工芸品って感じたんです☆

絵柄、もろに写して描かせていただいたんで恐縮ですが(笑)
メルヘン国のEaっていう絵師が制作しました、で良いでしょうか(笑)

夢見るおぢさん、いいですね!
夢は大人が見るものです。

メルヘンたっぷりが人生を笑顔にしてくれます(^^)


2010.09.24 09:46
イプシロン
おはようございます^^/

こういうの凄く好きでーす!
心の中に湧いた気持ちを上手く言葉にできないんですけど、
あえて、それをすれば「可愛らしい」ですかね。

あー、やっぱり言葉にしなきゃよかった、、、
なんかありきたりの言葉になったし^^;

青や藍を使った工芸品て不思議ですよね。
様々な国でこの色を使って絵を描いた工芸品があるのに
ちゃんと国柄とかそういうのが現れるんですよね。

ポルトガル風に描いたということですが、
私はメルヘンの国の工芸品だなぁ~と感じましたよ^^
eaさんの国の工芸品って感じたんです☆

やっぱりメルヘンていいなぁ~


イプシロン@夢見る頃を過ぎたおぢさん でした(笑)
2010.09.24 06:44

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。