スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の一日

.05 2010 一滴の栄養の部屋 comment(0) trackback(-)
1005c.jpg



よく晴れた日だった。
陽射しは熱くて、空気が冷えてきているのに太陽に当たると汗をかく。

朝は今日の作業の手順を考えていたのだが、
動物園に行きたいという誘いがあり。
結果、お昼前に出発することになった。


実は動物園、ついこの間行っている予定だった。
ところがその時はちょっとしたハプニングに見舞われて中止になっていた。

私の住む地域にある、60年位前に開園した古い動物園。

幼稚園の時も遠足で行ったことがある、昔ながらの動物園だ。
その『昔ながら』というところが少し気になるのだが、
何というか、檻にいる動物という想像通りで良いと思う。

最近の動物園はあまり檻を目立たせない作りになってきている気がする。
今日の動物園は檻に遭遇する割合が高く、若干・・・ あれこれ考えてしまう。

でも誘ってきた人間は単純に動物に会いたくて行きたがっている。
ここは訪れたことがない動物園のようで、童心に返って楽しみにしているくらいだ。

一回目の中止の時にも出掛けに「あまり雰囲気が良いか分からないよ」と
ボソッと言ってしまったのだが、今日は黙っていくことにした。




見た目よりもそこの生活の状態が良し悪しを言うのだろうし、
そもそも檻があろうがなかろうが、場所を設けて飼育しているのはどこも変わりない。
ふと気になったところで、個人的な判断で何かを決め付けるのは良くない。

そう思うと、檻のイメージにとやかく言うのはいけないな、とちょっと反省した。




1005d.jpg



今日はカメラを持っていたのだが、あまり写真に撮らなかった。

動物は何十種類もいるので見るほうが先だ。
出来るだけ側に行ってよく観察する。


爬虫類の舎には外の砂場にカメがいる。
大きなリクガメが食事中で、草や野菜をむしゃむしゃ食べていた。

みんな重そう。
一番小さい個体でも50cmくらいはあった。

皆で顔をつき合わせて食べているので中心が空になる。
だけどそれぞれのお腹の下にはまだ沢山食事はあるのだ。

皆なかなかそのことに気がつかないので笑ってしまった。





1005da.jpg


足のウロコがすごい。

まるで松ぼっくりのよう。
ウロコなのだけど、タイルを埋め込んだみたいに見える。

カメが大好きな同行者は大喜びで柵に身を乗り出していた。


カメの他にヘビやトカゲやワニもいた。
爬虫類の舎は暖かく、秋というより万年春のよう。






1005b.jpg



いろんな動物を見ていたのだが、何故か写真に撮ったのは静かな動物ばかり。
それも動物園でなくとも会えそうな。

このカナダガンもそうだ。

だけど色が好きで撮ってしまった。
いつかカナダガンを描こう。



私たちが訪れたのは午後。

動物たちの殆どが眠っていた。
お腹がいっぱいになって、ちょうど昼寝の時間だったのだ。

どこもかしこも動物が眠っていて、活発に動いているのは放し飼いの孔雀くらい。
この孔雀は鳩と同じようにせっせと地面に落ちている何かをついばんでいた。


他の昼寝中の動物たちは、独自のお気に入り場所で眠っていて、
それがまた来園客の目に届きにくいところをちゃんと選んでいる。
そういうことでのんびりした昼寝のみんなの側をゆっくりと通り過ぎるほうが多かった。


2時間くらい歩いていたが、陽射しに当たれば汗をかくくらいで
今日は本当に過ごしやすい気持ちの良い天気だった。

光の跳ね返る黒い鉄格子が目に付くものの、
飼育員の人が来園客に楽しく説明を聞かせていたり
檻越しに眠たげな動物が寛いでいるのを見ると、大事にされているのだと分かる。


一緒に行った人間が悲しい気持ちにならなければ良いなと思っていたのだが
それは気にし過ぎだったようで、相手は興味深く動物たちを見つめて楽しんでいた。




1005a.jpg



最後は小さなネズミ。

かわいい小さな、人懐こいネズミがいっぱいいた。
チャボやウコッケイやテンジクネズミやヒヨコなど、ふれあい広場にたくさんいた。


ちょっと手を向けると、ふんふん匂いをかぎながら手を伝って登ってくる。
温かくて柔らかい小さな体でせっせとよじ登る姿が本当にかわいい。

ここにハーメルンの笛吹き男がいなくて良かった、なんて考えてしまった。
そのくらいいっぱい、ネズミがいた。




今日は昔ながらの動物園で過ごした、秋晴れの日。
今度は鉛筆と紙を持っていこう、と思った。

次に会う時まで、皆どうぞお元気で。



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。