スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィーン・マグネット

.07 2010 革の部屋 Leather comment(0) trackback(-)
h-mg.jpg



もっとあると賑やかだと思うが。
今までマグネットは5個までで1セットで作っていたので、何となく今回も5個。

マグネットを季節によって換える人なら、こんなマグネットもいいかもしれない。


カボチャとコウモリとフクロウ。・・・羽角があるが、シマフクロウということで。
ミミズクでも良いけれど。





h-mg2.jpg


今回のマグネットにオマケがあるとしたら、
それはトレイも一緒というオマケ。


革のものの補佐によい素材を集めてみようと思った最近、
木材や粘土など加工のしやすい硬さのあるものを試しに購入した。

このトレイもバルサで出来ているので、軽い上にそれなりに木の風合いがあり、
黒子的とは言え、良い存在感がある。
トレイ単体でも別の使い方や見せ方が出来るのでお得な感じがする。


オマケは大事である。




h-mg3.jpg


カボチャはかわいい顔がいい。
恐ろしげなもののほうがウケは良いのだろうが、
冷蔵庫に恐ろしい顔のマグネットは貼ってほしくない。

彼らはちょっと不細工な出来だけど、恐くはない。



h-mg4.jpg



フクロウとコウモリはどちらも黒くて、良い組み合わせ。


クモでもいいし、猫でもいいが、クモや猫は革で作るとなると少々梃子摺る。
クモは足が細くて8本あり、猫も手足4本に加えて尻尾がある。

こういう形、という印象がある生き物はそれを省く訳にいかないが、
マグネットになるサイズで細く突き出た部分を幾つも作るのは、柔軟な革では難しい。
縫えれば別だが、それでも細かく縫うとなると見た目が悪くなってしまうことが多い。
恐竜マグネットの際に勉強済み↑)


クモや猫は別の形で作るとして、
マグネットにはコウモリとフクロウのシンプルな影が丁度良い。





今日はこれから材料の買出しに行かなければ。

随分過ごしやすい気温になっている。
晴れていればまだ暑さはあるものの、空気も風もすっかり涼しい。

今は10月。 あと2ヶ月で今年が終わり、その頃には冬になっている。
秋が短くてあっという間だ、と毎年思う。

今年の秋は出来るだけ、秋であることを意識して過ごしたい。




h-mg5.jpg


スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。