スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒曜石のネックレス

.19 2010 他素材の部屋 Other material comment(0) trackback(-)
obsidian-nk.jpg



随分久しぶりに黒曜石を触った気がする。
黒曜石を見るといろいろと思い出すことがあって、この石は特別印象強い。



昨日のネックレス繋がりで、今日もネックレス。
これは今日作ったのだが、遠慮せずに銅線を使うことにした。
革も革でかなり逞しい革を使ったので、銅線に負けないでしっかり表情を持った気がする。


黒曜石は研磨などしていないものだから細かい傷がいっぱい。

それでいいかな、と思う。

傷だらけだと人目にはどうか知らないが、私にとっては親しみが湧きやすい。
手にしやすく、惹かれやすく。





obsidian-nk2.jpg



実物大の写真。

画面に並べてみたのだが、ほぼ同じ大きさである。
結構大き目の石なので存在感がある。


黒曜石は革で巻いてある。

一見、落ちそうな危なっかしい見掛けだが、これが意外に大丈夫。
革の包みのラインに銅線が入っていて、その銅線で石が出て行かないように固定してある。

普通につけている分には多分問題ないはずだ。
意図的に石をとろうとしなければ。


革紐も大きな石に負けず劣らず、太い。

この太い紐だとまずちぎれない。
ちぎれる時があるとしたら、その時は首のほうがいかれてしまうだろう。

逞しい革だけど、女性に向かないというのでもない。
銅線のコイルはスライドして長さが変わるので、着けようによってはあっさり馴染むと思う。

トルソーでもあれば、説明するよりもすんなり納得できそうだ。
今後、ネックレス用にトルソーでも探してみよう。




これを着ける人は誰だろう。

無骨ながっしりした黒曜石のネックレス。
きっとこれを気に入った人の胸に垂れる時、すごく良く似合うんだろうな。

この革じゃなきゃダメで、この傷だらけの黒曜石じゃなければダメで、
その人じゃないとダメなんだ。



よく思うのだけど、こういうものにも出会いがあるんだろうなぁ、と・・・





obsidian-nk3.jpg









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

追記:


このネックレス。 11月初めにふとしたことから人手に渡りました。

これを受け取った人は、まだ10歳の子供。今年11歳になる、男の子。
『無骨でがっしりした・・・』の表現を真裏にしたような、細くて小生意気な子供(笑)

この記事を書いたことをすっかり忘れていた後日。

このネックレスや他の作品を沢山持っていた外出時に男の子に会ったのですが、
これを見るなり『オレ、これほしい・・・』と呟いてそーっと手を伸ばしました。

私は何だか嬉しくなって、何も言わずにネックレスを男の子の手に渡しました。

黒くきらめく石が揺れて、分厚い太い革紐を、小さな子供の手が握りました。
そして男の子はそのまま、何かに導かれるようにネックレスを首にかけたのです。


男の子は、手を伸ばした時から胸に垂れるときまで、ずっと黒い石を見つめていました。


黒曜石のネックレスは、導かれて持ち主に出会ったのです(^^)


ああ、そうでした。

似合っていたかというと、10歳の少年の小さな体の細い首にこれが落ち着いたわけですが、
不思議なことに元から持ち主だったようにやけによく似合っていました。

何度もその子の顔と黒い石を繰り返し見てしまいましたが、本当によく似合っていました。



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。