スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある、薬の話

.24 2010 一人芝居の部屋 comment(2) trackback(-)
material1.jpg



調べもので朝から晩まで終わってしまった一日。

いつからか雨まで降り出し、薄暗い部屋がさらに薄暗くなり、
そぼ降る雨の音と早くに暗くなる夕闇に冷え込む。

一昨日からの体調不良を誤魔化しながら過ごしたが、
寒いわけでもないのにずっと歯がカタカタ鳴っていた。

そろそろ大人しくしたほうがいい気がする。




調べものは、特に重要なことでもないのに量がある。

丁寧に調べようとしたら海外まで行くことになりそう。
そこまではちょっと無理なので、適度に必要なことだけ選ぶ。それでもまだまだ終わらない。


なんの調べものかというと、ちょっと言い難いが『魔法の薬』。

別に怪しくはないのだ。
ここで引かれても困る。

呼び方がそれしかないから、そう書くしかないだけで、
よくよく考えてみれば何てことはない一般的な術の数々だ。


調べている理由はここから先それらを扱うことになるからで、
誰が使うといえば、そういう雰囲気を部屋に飾って(多分)楽しめる人が対象。

別に私が何らかの理由で使用するというのではないのだ。
全く怪しくない。



伝承されているものや、すでに正体の知れているものを掘り下げていくと、
実に多様で研究の幅が広く、奥深いものだと改めて知る。

人の受け入れない時代に未踏の分野を調べ続けるのは、面白半分では到底続けられない。

知らない人からは邪険にされて疎まれたり、生命を奪われかねなかったり。
いやはや恐ろしい。
とても勇敢な、そして忍耐と聡明さが必要なことだったろうと思う。

心から感服する。


しかし中には空恐ろしいものもやはりあって。
そうした一部の異端が招いた悲劇が、現在も未だ拭いきれない黒いイメージを持つのかも。

ある本にこう書いてあったのだが・・・

『・・・敢えて黒魔法・白魔法の区別は本書では採用しない。
 霊の存在が善か悪かは、あくまでも術者の主観の問題である。』

そうだな、と思う言葉。

魂の宿る沢山の生き物の生と死、四元素の妙なる恵みと、
地球の起こす時間の流れなど、魔法に用いられる全ての材料は、
そもそもこの地球にあってこそのものだ。それらに善悪はあてはまらない。

摩訶不思議な名前をつけたり、いかにもマズイ見た目のものは、
ただ単にそれまで誰も求めなかった存在だから、そう捉えられたのかもしれない。


何でもそうだと思うけど、使う人間によるところが大きいのだろう。


あれこれ調べていくと、何もかもが「へぇ、なぁんだ」と思える身近なものばかり。
地域であったりなかったりは勿論あるけれど、そんな度肝を抜かれることはない。
呼び方を換えれば、レメディだって漢方だって魔法の薬。
(※レメディは気持ち『薬』というものだけど、材料がね)

恐ろしげな名前があるときは元を探って背景を知れば、じつはそうでもない。
確かに手を焼くものもあるし、やたらと高価珍妙なものもある。
たまに言葉に詰まる素材もあるが、それもまた、国や文化独特な気もする。


例えば、羊の肉を常食する国で、かたや心臓を一突きして解体するのに、
別の国では突然ひッくり倒して開けたお腹から心臓を握る・・・という違い。
に、あなたがどう感じるか、というのと同じ。

ギョッとするのは異文化というのも外せない。まして時代も古くなればそれはもっとだと思う。

日本人が生きたウニを喜んで割って食べるのも、
はたから見れば気持ち悪いに違いない。(私はウニが好きだけど。)

かわいいスズメを丸々串焼きにしているのだって、モミジなる鳥の足を煮込むのも、
もしかしたら黒い海苔をおにぎりに巻いて食べるのだって、
白魚の踊り食いだって、熊の胆嚢の乾物薬だって、
どこかの国の人々からしたらとんでもないことかもしれない。

マグロの冑焼きがアフリカの羊スマイリー(頭丸焼き)と何も差がないと思うか。
クジラを食べる驚きと、子豚の丸焼きにリンゴをくわえさせる驚きとの差は。

私はカトリックだけど、子羊肉を食べるというのに長年抵抗が消えなかったもの。
(なのに大人の羊は肉も内臓も常食だった)


魔法の材料もまた、反応の差異というだけなのでは。





魔法の薬、というのは、生活の中から生まれたもの。

昔々、医者がとんでもない療法で患者を苦しませたりする時代。
宗教が支配して弱者が幸福から遠ざけられた時代。

自然の力に目を向けて、その恩恵に救いを求めた人々がいた。


それは普通のおばあさんだったし、普通のお母さんだった。
森や海を生業にする老人やおじさんだったし、恩恵を教わる子供たちだった。

世界中のいろんな国で、自然と寄り添って生きた人々の知恵に過ぎない。




強く抱いた探求や切実な願いの生んだ『魔法の薬』だから、
どんな効き目があるのかと思いながら手に取れたら。

私はこの先そんな魔法の薬を、誰かの身近な夢見心となるよう用意したいのだ。




・・・とりあえず自分の症状から治したほうが良さそうだけど。




material.jpg



スポンサーサイト

comment

ea
イプシロンさん、おはようございます

> けんちん水団、ひとつください!(笑)

はい(^^)
でも水団にスペース取られて、他の具材少ないですよ(笑)

> お風邪、召されたようで大事にしてください。

ありがとうございます、今日は暖かくして丸まってます。
昨日一昨日もたいして動かなかったのですが、
4日前に大荒れの風の海へ行ったのが原因かもしれません・・・
風が強い日が好きなので、のこのこ出向いたのがまずかったのでしょうか~


> 蝶と蛾って、明確な区別ってないんですよねー。

そうみたいです。
イプシロンさんの仰るように、蝶々は羽を立ててとまる感じありますね。
だけど、蛾と蝶って本当は区別がないみたいなのです。
チョウ目の蛾、っていうような、ただ名前が蛾なのですね。

蛾と付くものも種類が本当に多いですね。
それもチョウスタイルのものよりも、ずっと大きさにも幅があって、
夜行も昼行もいて、こうして見ていくと実に個性が豊富です。


> 「いろいろな種類がいる」
> 多分そういう多様性を感じさせる部分が心地いいんだと思います。

これは良い見方ですね(^^)
私は蛾のほうがフカフカでファッティーなので、そういう部分が好きなんです。
だけど、蝶は蝶で愛らしい~感じが持ち味ですね!

多様性の心地よさ、分かります(^^)



2010.10.25 08:17
イプシロン
こんばんは^^/
けんちん水団、ひとつください!(笑)

お風邪、召されたようで大事にしてください。
「あんまり頑張り過ぎないようにネ」という天からの声なんでしょうから!
ご自愛ください。


蝶と蛾って、明確な区別ってないんですよねー。
なんでも分類したがる人の目から見たら蛾に見えるかもしれないですが、
自然人が見たならeaさんが作ったものが何だかすぐ伝わる。
そう思いますよ。
私の第一印象は蝶でしたよ^^

蝶って止まるときに羽を立てている、蛾は開いたまま。
そんなイメージの違いがあるんですけど
ちゃんと蝶に見えましたよ。

種類的には蝶より蛾のほうが遥かに多いらしいですね。
私はそれを知ってから蛾が前より好きになりました(笑)

「いろいろな種類がいる」
多分そういう多様性を感じさせる部分が心地いいんだと思います。
2010.10.24 23:16

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。