スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失敗だらけの日

.10 2010 一人芝居の部屋 comment(0) trackback(-)



今日はやることなすこと失敗に見舞われた日だった。
なので、作ったものの写真もない。

取り組むことがいちいち「なんで?」と思う終了の仕方をした。

こういう日は私は滅入りやすいのだが、
どういうわけか今日はそう滅入ることもなかった。
失敗だらけの日、なのに、滅入らない日。

今日は変な感じがする。



朝起きて、体調が微妙だと気付いて朝食後に薬を飲んだ。
そして計画中のことをノートに書かなきゃと寝転がったら、眠ってしまった。
ふと目が覚めたらもう昼近い。

わぁ、と思ったけれど、過ぎた時間は仕方ない。
午前も遅い時間、日課の家事をそそくさ終わらせて、
漬け込み中の皮の様子を観察した。

そろそろ大丈夫そう、と思って木枠に皮を一枚取り付けたのだが。
生乾きになってきた頃にまだ硬い気がして結局漬け込み容器に戻す。

午後いっぱい、皮のことをしようと予定していたため、
変に空いてしまった時間をどうしようか考えた。
時間は中途半端でそれほど余っていない。

じゃあ小物を作っておこう、と牛革を出して作り始めたのだが。
これがまた縫うだけ縫って失敗する。 
具体的な失敗理由ではなく、小さな要素が少しずつ重なった失敗。

少し悪あがきはしたものの、やはりどうにも挽回できないので諦めた。

その後夕食を作るが、私には珍しくちゃんと量って作った料理の味が変。
料理くらいはと、きちんと間違えようがない方法をとったのに。
「なぜ~???」と思うけれど、3つの料理が3つとも味が崩れた。


唯一、まともだったのは、適当に作ったアップルパイだけだった。
何も気を遣わず、何の注意もせず、目分量で作った本当に適当なパイだけが
どういうわけか知らないが今日一番になるなんて。

アップル・パイを食べながら、つい笑ってしまう。
不思議なものである。





こんな日だったけれど、滅入らなかった理由は何となく思い当たる。

私は今日、ずっと一つのことを考えていたのだ。
ボーッとしていたわけじゃなく、頭の中で何かにつけてそのことが浮かんだ。
考えていたのは、子供の頃に知っていた人のことだった。


シスター・ルチアという人がいた。


急に思い出したような感じなので、それも不思議なのだが、
幼稚園の時から小学校低学年までの記憶の人だ。

シスター・ルチアはスペイン人で、日本語を話して、眼鏡をかけていて、
痩せていて、髪の毛がクルクルした金色で、優しかった。

私が幼稚園の時に会ったのが初めだと思う。よく覚えていない。
シスター・ルチアは度々会うくらいの頻度だったが、姿を見つけると嬉しかった。

最後に姿を見たときを覚えている。

小学生になって2年生くらいの年だったか。
家族で行った教会の帰り、車に乗り込んだ私にルチアが縫いぐるみをくれた。
車のドアを閉めようとした時、ルチアが「ちょっと待って」と小脇に隠した縫いぐるみを出した。
黄色いタヌキの縫いぐるみで、笑いながら「これあげるね、かわいいでしょう」と言っていた。
ひょうきんなタヌキの姿に私も笑って受け取った。
でも他にも子供達がいるのにどうして良いのか、私が一瞬じっとすると、
ルチアはそれを読み取って、「いいの、内緒ね。あなたにあげたいからね、内緒よ」と小声で言った。
私は何度も頷いて、ルチアが車のドアを閉めた。

ルチアはその後、もう教会に来なくなった。
しばらくしてすい臓癌で亡くなったと聞いた。



シスター・ルチアは病気の時も沢山の人と喋っていた。
元気に笑って、時々咳をして、「大丈夫、大丈夫」とまた笑っていた。

私はルチアがどれだけ頑張っていたのか、その時は分からなかった。
病気の名前を聞いてもよく分からなかった。
どこが悪いのか、どうして治らないのか、それも分からなかった。

私の目が見ていた時。私の耳が聞いていた時。
シスター・ルチアはいつも笑っていた。

体のどこかに水が溜まってそれを抜いた手術とか、そういう話の後でもルチアを見ると忘れた。
ルチアが笑っていたから、私もただニコニコしてルチアを見上げていた。
そうやって、最初に会った時から最後の時まで、笑っている姿を見ていたと思う。




滅入らない理由にこの話しがあるのか、というと何の関連か実は分からない。
今日ずっとシスター・ルチアのことを思い出していた、というだけで。

だけど失敗しても、嫌だなと思っても、困ったなとかあれこれ思っても、
どこにもしかめ面を挟む気になれなかった。


いつも笑っているってどうしてなんだろう、と思いながら、
いつも大丈夫って笑顔だったのはなんでかな、と思いながら、
今日は失敗だらけで笑っていた日になった。


次も笑っていられるようになりたいな、と思う。






pie.jpg




スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。