スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出かけた先で

.18 2010 一滴の栄養の部屋 comment(0) trackback(-)



今日はちょっと遠出をしていた。

出かけた先は展示会。
お知らせを頂いていた作家さんの展示会へ出かけてきた。


着いてみると、駅前だというのに一歩入った室内はほのぼの。
外の乾いた空気と建物の灰色がやけに引き立て役になっている気がした。

ほのぼの、と言ってもピンと来ないかもしれないが、
何となく自然の匂いがする穏やかな、ほのぼの。


かわいい蝶がたくさんいて、ツバメや魚や、森の絵や子供の絵がひしめくように部屋を飾る。
その作家さんは革でもモノを作り、木の板に絵を描き、縫い物をして、彫刻刀でスタンプを作っていた。
なんと多彩なことだろう。 そして裏方のボードにまで絵を描いている。
作ることや描くことが楽しくて嬉しくて、そういうのが全部から溢れていた。

二人展だったので、もう一人の方の作品は子供の絵が中心。
ほがらかで優しい色合いと表情を持った、子供の笑顔がたくさん描かれていた。

小さな空間の中は柔らかい橙色の空気に包まれているようだった。



初対面だった作家さんに挨拶をして、いろいろと話をしてきた。
人当たりが良い人というのは尊敬する。
私みたいな変わり者相手でも難なく話が続けられる人はすごい。

人柄の良さに感動して、作品のこまめな手のかけ方に感心して、
私には(全く)ない、センスの良さと根のいる作業の取り組み方に脱帽した。



モノを作る人に話を聞く、という機会はすごいエネルギーになるな、と思った。
帰り道、一緒に行った画家と思ったことや感じたことを話した。

思えば画家も、最初の出会いは大きなエネルギーの塊をくれた一人だ。

実際にあって作品を前に話すと、受け取る重さが直に伝わる。
それまで一人で過ごしていた時間に抱え込んでいた疑問や不安をかき消すくらい。

今日の作家さんもそういうエネルギーを溢れさせる人だった。



またご縁があって再び合える時を心から楽しみに待つ。

出先で感動することは多いけれど、
今日もまた感動が大きかった。


生み出す想像力と目の前に表す宝の手に、祝福がありますように!







スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。