スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬と羊のツリー飾り

.20 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)
uma-hituji.jpg



馬の背が高くて真横から撮るのでは、ちょっと見せたくない部屋の風景まで入ってしまうので。
斜め上から撮った写真になりました。

足が長いんだけどなぁ・・・

そうは写らなかったなぁ。






uma-hituji1.jpg



もう少し写す位置を下げてみた。 が。

やはりこれが限界だ。
これ以上下がると、要らないものまで入ってしまう。

馬には申し訳ないが部屋の中を写す気にはなれない。


この馬は結構大きめにできた。

ロバと牛に使った革が底をついたので、馬は違う色の革で作ることになった。
その革がこげ茶色で、また良い味を出してくれる雰囲気豊かな革。

たてがみと尻尾はいつもどおり豚革で作った。

何とも馬らしい色合いと、大き目の革でのびのび作れたことに満足。
嬉しいなぁ。




uma-hituji0.jpg



馬が早めに終わったので、次は羊。

これだけ見ているとこの黒いのが羊には見えないと思うが、
白い毛皮を着せるとたちまち羊に見えるから不思議なところ。

羊の耳が後ろに向いているとか、目が大きくて丸くなるとか、
顔が骨ばった台形にならないとか、
そんな少しずつズレていく要素を集めると、羊のはずが別の生き物のように見えてくる。


なのに人間の目というのは少々大らかなよう。

羊らしいイメージに欠かせない、モコモコをまとわせるともう羊。
さっきまであれこれ違いを見つけていたのが無かったことのようになる。





uma-hituji2.jpg



羊の毛皮はまだもう少し残っている。
黒い革もまだあるし、もう2~3頭作れそう。


だけど明日はちょっと作れないかもしれない。

明日は買出しに行く予定なので、そうなると昼の時間は全部使ってしまうだろう。
必要なものだから仕方ないのだけど・・・


良い波が来ているときは、間を入れたくないなぁ。





uma-hituji3.jpg





スポンサーサイト

comment

ea
こんばんは、イプシロンさん。
牛丼になった牛、イプシロンさんの元気になってくれますね!
命は巡りますね(^^)


羊がヒヨコ(笑) そうか~ もう少し羊にしないとな~
って、思いつつ、言われてみれば子羊は毛がすっきりしてると思いました(^^)

私の好きな羊は、白くない羊なんです。
でも持っているのは白い毛皮だから、どうしても白モコになります。
白モコも羊要素は結構高いのですが、茶色いぼっさぼさの羊も私の中では羊度満点です。
焦げ茶色の顔に茶色の毛でぼさぼさ。大好きな羊です(角も沢山)。

羊もいろいろいるから好みの違いが楽しいですね!


馬も今日はよく出来て嬉しいのです。
ゆったり、とイプシロンさん仰られたけど、そうなんです。
この馬は体の大きな種類を参考にしました。
大きな体でどしんとしていて、足首とかもガッチリ太くて、
体重も1tくらいあるという種類です。
(イスラエルの馬にはいないけど^^;、うっかりこれで作っていました)
悠々と歩く姿に見とれます。
馬は軽快でかっこよくて、というイメージが在るのですが、
私はどうも真逆の存在に惹かれるようです(笑)

撮影の光のことですが、
最近は夕方が来るのが早くて太陽光では間に合わないんです。
仕方ないので、近くにロウソクをつけて、離れた場所で炎に近い色の灯りをつけます。
そうすると全体がオレンジ色になるのですが、
炎の柔かい色が自然に見せてくれるようです(^^)
太陽の光が一番ですが、これはこれで好きになりました。


>今日も良いものが出来て良かったですね^^

はい。 ありがとうございます(^^)


2010.11.20 20:47
イプシロン
こんばんは。今日はお昼に牛丼を頂いたイプシロンです(笑)
ちゃんと合掌して、ご馳走様でした!と言いましたよ。


馬ー、大好きです。
とはいっても野生の馬のイメージが乏しくて
人間と暮らす場面しか目に浮かばないんですけどね^^;

馬は多くの人に愛されていたり、絵に描いたりされるので、
ちょっとバランスとかが崩れるとヤバイ!って思う
ものつくりする人からすると緊張するモチーフですよね。

でも、とてもゆったりした心でいる馬になりましたね^^
エアさんにとっては当たり前なのでしょうが、
頭の前側に垂れた毛が素敵です。

ごめんなさい、、、
羊、一枚目の写真をパっと見て
ヒヨコに見えてしまいました(笑)

でも、ちゃんと見たら間違いなく羊でした。

私はモッコモコの種より、毛の少ない種のほうが好きなので
3枚目のクロヒツジに心を持っていかれました。
「あーら君、どこんちの子だい?」
と話しかけたのは内緒です(笑)

モコモコ種も生まれた時はこんな感じですよね。
多分私は、子羊のイメージを強く持ってるんでしょうね。

そういえば撮影はすべて自然光ですか?
温かみのある光源だなぁーと
前から思ってたんですけれどね。

今日も良いものが出来て良かったですね^^
2010.11.20 19:41

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。