スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウサギの飾り

.23 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)
rabbits.jpg




紐が付いているのはツリー飾り。
白い線で書いてあるのはマグネット。


ウサギというと有名なのはピーター・ラビット。

いつかあんなふうにウサギを描いてみたいなぁ、と思っていたのだが、
うっかり今日描いてしまった。

本当は質素なツリーの飾り用に焦げ茶色のウサギを作る予定だった。

だけどアクリル絵の具で白く線を入れてしまったので、
これからどうしよう・・・となり、予定外だったがマグネットになった。





rabbits2.jpg



まだ日が差している間に作ったので、明るい写真。

こうしてみると黒っぽいが、




rabbits2a.jpg


近くで見ればこげ茶色。


ピーター・ラビット、服着ているんだけど、
どんな服だったかそこまで思い出せないので全部そのまま。

絵の具を使う自体、革にはあまりしないことだけど、
たまにこんなのを見てしまうと、不思議の国のアリスの絵などでも作ってみたくなる。


・・・でもやめとく。

今日は本当にうっかりだったのだ。
気がついたら、ウサギの形に切り抜いた革に白い線を描いてしまっていたのだ。




rabbits1.jpg



絵に比べてしまうと、目立つ要素もない質素な私の飾りもの。

だけどやっぱり革のままであったほうが、私は好き。


私は地味なんだな(笑)






スポンサーサイト

comment

ea
おはようございます。

そうですか、
イプシロンさんは絵があるほうが手が込んでいると思うか~

実際は絵を描いてしまうほうがこういうのはラクです(笑)
素朴なほうが手が込んでいるんですよ、
縫ったり段差を見たり調節したり・・・
絵は、線を描くだけなら数分で終わるのに、
素朴なほうはこんなに小さくても何十分もかかります(笑)
でもパッと見、絵があるほうが『描いている』というのが
印象的なのですね。

だからかもなぁ、と思うのが、
そういえば絵が描いてあると一般的に高い値が付いていますね。
やはり見た目が良いとか、
分かりやすいという理由が飾りにうってつけなのかも。


私は革には出来るだけ、そのままであってほしいと思うのです。
これを始めた時からそう思い続けているのですが、
既に色が入っている革に、
革が見えなくなる色を使うのはためらうんです。

革もあってこその絵ならまだ良いと思えるのですが、
ただ土台として使うなら、革じゃなくても良いことになります。
それで革の表面に目が行かなくなるようなことは
あまり選ばないのです。

だから昨日のウサギは本当にうっかりでした(笑)
ぼーっとしてしまったんです。
最近また絵が描きたいな、と思っていたので、ついうっかり描いてしまいました。


商品を作る、ということは他人を意識しますね。世間の好み。
世間一般向けに何でも作るし、何でも用意しないといけませんね。
売るために作るのですもの。

だから私、商品ではなく、心が作りたいから作る、というのを選んでいる今が、
生活を貧しくしてもこれで良かったと思うんです。
私が作る必要を探求して現在の位置まで辿り着いたからです。

作りたいから作った作品たちを今回売るわけですが、
商品ではなく、あくまで作品として手放そうと思います(^^)


好みは人それぞれですね~
きっと展示会に出したら、
こうして様々な感想が聞けるんだなと
楽しみになります。

そしてその都度、自分の選んでいる道をはっきり見ることが出来るのでしょう。

感想、ありがとうございました(^^)

2010.11.24 08:01
イプシロン
エアさん こんばんは^^/

今日はいろいろなもの、一杯つくれましたね!
良い日だったこと嬉しく思います^^

ウサギさん、私は線が描いてるほうが好きです(笑)
多分、私は自分でものを作るとき
どこまで手を入れたかに価値を求めてるからでしょうね。

革ものの場合、模型と違って、
素材の味を生かすというのが、
エアさんの大前提のスタイルなんでしょうけど、
エアさんの個性が絵の具で刻まれたウサギも
同じように価値があると、私は思いますよ^^

傲慢な意見かもしれませんが、
全ての人が質素で素朴
という部分に込められた思いを感じとれる訳でもないと
私は思うんです。

ですから、たまにはこういう個性的な作品作りも
良いものだと思いますよ。

というか、何がどんな人の心に響くか、
という部分を知れるという意味では
エアさんのひとつの「楽しみになる差」のような気がします^^

そうそう、少し前まで絵を必死に描いていたとき
やはりそう言っている人の言葉を見つけたことがあるんです。
「自分が必死になって思いを込めたものより
なんとなく描いた絵のほうが人には受けがいい」と。

「なんとなく」
こういう気持ちを大事に出来た良い日ではないのかなぁ~
なんて私は思いました。

以上、私なりのライトな感想です(笑)

心癒される作品を見させてもらえたことに
ありがとうです^^
2010.11.23 23:37

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。