スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月後半・写真整理で

.16 2011 革の部屋 Leather comment(0) trackback(-)
mini-note1 (1)




ここのところ、たまり続ける写真を整理している。
アップロードしていないまま保存している写真もあるし、ずらっと表示されるとぐったりする。

だけどファイルが増えてきて管理が行き届かないなんて、
管理している意味がないので頑張って選り分け中。


・・・選別中にふと思ったのだけど、
おかしなもので、しばらく放置しておくと捨て易い対象に変わるのは写真も同じみたい。

撮った当初はどんどん保存しているのに、時間が経ってから見てしまうとためらわずに削除出来る。
そんな感じで、たまり続けた写真をどんどん片付けているのだが・・・


これもまた片付けの副作用で、時々目が留まってしまったものなどに時間が使われる。

大掃除中、アルバムを発見したり、忘れていた『(当時)大切な』箱などを開けた時の状況である。
これが画像整理でも起こるとは。 



で、もう削除しようかな、と思いつつも何となし手から離れていないそれらは、
ちょっと載せてくことに。

載せてしまえば安心してファイルから削除できるというものだ(と思う)。




最初の写真は、見たまま。 小さいノート。最近作った。

豆ノートとは少しずつ違って、大きさは手帳くらいあり、
小さいブックカバーの作りで、別に綴った紙束を収めて使う。

丁度良い切れっ端のヌメを見つけたので、これを表紙に使おう、と思って
豆ノート時には言葉だったところをワイバーンの焼き絵で表紙にした。





mini-bag2a.jpg



小さいトートバッグ。 ミニチュアと言うほど小さくもないけれど、小さめには違いない。

底は舟型、少し両端をつり上がらせていて、その箇所がマチを作っている。
本体の大きさは、タテ×ヨコそれぞれ10cm未満。

たまたま、黒に近い焦げ茶色の美しいシュリンクを見つけて、
その床面のフサフサ加減やキズの風合いがあまりに魅力的で使いたかったのが最初。
黄色く柔かい革が、一層このシュリンクの風貌を引き立ててくれて良い出来になった。


このミニ・トート。 どう使うかは使い手次第だけど、
インパクトの強いバッグなので見せ方も風変わりなほうが良いかも。







sheeppouch1e.jpg




これは羊のポーチ。 一丁前に使えるサイズは確保してある。

羊毛皮を頂戴する機会があり、その時受け取った羊毛皮は首から背中半分までの大きさだった。
滅多にない大きめの革だったので、大事に使おう、と思っての第一号がポーチ。

毛皮だけだと皮部分が弱いので、内側は補強に薄い牛革を当ててある。
マチ部分は2mm厚の牛革で、開閉はマグネットで行う。
ストラップ部分は両端ナスカンなので、外して『羊』状態で使うことも出来る。


写真では見えないけれど、尻尾のキーホルダーが付いている。





kata-ate1d.jpg



これは肩当てを作ったときの写真。

肩当て・・・なんだけど、幅がない革だったので、ぎりぎり真ん中でホックを留める形に。
厚さのある、やや柔かい質の牛革を使って作ってあるので、
使用してみるととても有能であることが分かった。 見てくれより本質が勝った例。


バッグのほうは、牛シュリンクとオイルドレザーの大きめの端革で作ってある。

随分前に手元に来た革だったけど、そこそこの大きさがあったため、
何とかして切らずに丸ごと使いたくて、考えを温めてきた革。

今年になるちょっと前、目一杯革を使用する形を選んで、このバッグになった。

中の写真は撮っていないのだけど、中にポケットを作った。
前胴側にべたポケット一つ、背側にタックをとったポケット一つが付いている。

本当に端っこ部分だったので、千切れている部分や伸びがあるのだが、
寄せて引き締めて、補強に革をあてて縫っている。 
使い始めて半年以上たつけれど、どこにも問題は出ていないので上出来である。


余談だが、今春職人さんに見せた時、
『こんな端のところまで使ってくれてありがとう』と
目を細めてもらった、嬉しい感動の思い出付きバッグ。





いろいろと作っているけれど、写真を並べて見ていて妙な実感がある。

一枚の写真に写った、一つの作品の一場面。
目を合わせると、どうやって作ったのか、どうして作ることになったか、
どの作品の写真を見てもそれぞれ思い出せる。

こういうのを想い入れと呼ぶのか。


普段はものすごい勢いで日常の細々したことを忘れるくせに、
端革の皆のことは逐一覚えているなんて、気持ちが入りすぎてるのだろうかとさえ思う。

でも入りすぎているくらいが私には合っているのかもしれない。
そのほうが一生懸命続けられるもの。




度々こうした紹介の仕方をしていこう。

写真整理も兼ねて。







breakfast1b.jpg





スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。