スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春になって

.06 2012 一滴の栄養の部屋 comment(0) trackback(-)
sweetlemon1.jpg




冷たい空気が去り、暖かい風と光の日が毎日やってくるようになったこの頃。


この前、ポストに一枚ハガキが入っていた。

このハガキを受け取って、しばらく嬉しくてポストの前に立っていた。
何度か展示で一緒になった作家さんの、個展のお知らせだった。


いろんな意味で、この人に学ぶことが多い。

朗らかで親切で、とても感じの良い人柄。
人柄だけでも学べるような相手だが、センスも良い。
どことなく日本人離れした感性が、作品全てから感じられる。
表現方法がとても豊富で、見ているだけで仕合せになる。

本当に豊かな人だ。 


きっと、個展も素敵な空間を作り出すだろう。
そして訪れた人たちが優しい気持ちになれると思う。

この人の作るものは、そうした気持ちになれる要素がある。
土に落ちる、ふっくらした種のように。



お招き頂いたので、是非出かけてみようと思った。

期間中、穏やかに晴れた日が続きますように。








sweetlemon1a.jpg




私のほうは、特別何があるわけでもない。


先月末には、ネットのトラブルでGmailのアカウントを消すことになり、
おかげで少しばかりの繋がりを保っていられた人たちのアドレスが
操作をよく分かっていない私のミスで、一緒に消されてしまった。

やれやれ、どうしたもんか・・と思っていたところに、
次は仕事都合上、収入が激減した。
もとから大した稼ぎはないでこれまでやってきているが、
幾らなんでも大丈夫だろうか?と少々頭の痛い、春の出だしを迎えている。


しかし、こういう時になると、どういうわけか作りたくなるもので。

急を要するような事柄だと、制作云々、手に付かなくなるけれど、
心のどこかで「大丈夫」とささやいている声を聞ける時は、制作する。
傍から見たら、何となく危なっかしい気もするかもしれないが、
有難いことに私の場合、傍から見守るほど距離の近しい人はいないので、その心配はない。


作ったものがどうなるか、何を引き寄せるのか、
そんなことに期待をすることもない私の制作の日々だが、とりあえず作るしか出来ない。

それを望むのは、他でもない私自身だ。

これしか出来ないし、これだけが杖だ。



少々頭の痛い春の出だし、と書いたけれど。
外は輝かんばかりの生命力漲る季節であるに変わりない。

私の時間の一部に苦味が落ちたというだけ。春の来訪に似合わないちっぽけなことだ。


こうした時だからこそ。
楽しくなるような、よいものを作っていこう。






insects2.jpg







スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。