スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偶然

.22 2012 革の部屋 Leather comment(6) trackback(-)
br-braiding.jpg




すっかり忘れていたことに突然はち会わせると、妙な感じがする。


何年も前に買った本の表紙の話しだが、気になるイラストが描かれてあった。
じーっと見ても、そのイラストに描かれている絵の『状態』がつかめなかった。
それは編んだ革のイラストだった。


その本自体はとても有名な本で、どれくらいお世話になったか分からない。
本の内容は、編み方が沢山。
私は最初の頃、その本を見ながらせっせと何度も繰り返し編んでいた。
間違えたらほどいてやり直して、何個となく編んだものを作った。

おかげで、編み方の名前を忘れても、手が覚えてくれた。
ちょっと忘れたりしていても、紐を手にしてじっとしていると思い出す。
この本は、とても素晴らしい先生だった。



でも、一つだけ分からないことがあった。
どうして本の中に載っていない編み方が描かれているのか。
それが表紙のイラストにあった編み目だった。

あれ?と気がついて、何度も往復しながらページをめくったけれど、
どうしても表紙のイラストにある編み目はない。

未だに見落としているのか、それとも載っていないのか。

「う~ん」と考えて、やってみることにした。
それが随分前のことで、もうあれから5年も経つ。
で、5年前の挑戦は、結果から言うと出来ずじまいになった。
実際に編んでみても、ノートに描いてみても、何をしてもできなかったのだ。





度々その本を見ることはあった、その後。

表紙のイラストに目が留まるたびに、少々情けない気持ちが浮かんでいた。
スープの取り残しのアクのように、取りたいのに除けない。
仕方ないな、と思いつつも、目に映ると諦め悪く見つめてしまう。



それが今日、特に関係ないことによって、再び挑戦となった。

偶然、作ってみたかった腕飾りを写真で見かけた。
それはとても美しい腕飾り(私の評価)で、
編み目は平編みのようなのに、編みあがった姿は丸みがあるものだった。



立体感のある魅力的な腕飾りの写真をじーっと見ていて、
作れるかなぁ?とふと思い、2mmの厚みの革を切って作り始めた。

買えるものなら買うのだろうが、そこは無駄遣いできない生活なので自作。

5分くらいあれこれ紐を動かしながら、やっと合点がいく。
それで編み進められると分かり、そのまま編み続けたら・・・



出来たのは、あの苦い思い出の表紙イラストの編み目だった。


編んでいる最中に、なんかどこかで見たような気がする、と思っていた。
どこだったっけ、いつだったか。
もしかして以前に編んだことがあったのかな、とぼんやり考えていたのだけど、
どうにも思い出せなかった。 怖ろしく鈍い記憶力だ。あんなに梃子摺ったのに。


そして直に手の平に乗った、あの編み目の腕飾りを見て「ああ~・・・」と驚く。

実際には、イラストのものとも、写真のものともちょっと違うところがある。
写真は8本で編んでいて、イラストはそれ以上の本数で編んでいる感じ。
私が作ったのは、私の都合で7本の紐である。

ただ、7本の紐からでもどうやら同じような形にはなるようだ。
横に倒した時、少し上下の別は見えるが大して気にならない。



偶然。 

何年もして、忘れた頃にやってくるとは言うけれど。
本当に忘れた頃に、うっかり道端で出会ったような、そんな感覚。




会えて良かった。 出来るようになったんだ、と思うと、またそれも嬉しい。





スポンサーサイト

comment

ea
そうですか、makoさんは北海道の方でしたか~
それは・・・確かにちょっと、出かけるからして下準備がきちんと要りそうですね・・・

でも「写真を観察して頑張ってみる」というの、良いことだと思います。
自分の注意力や試行錯誤で手に入れるものは、ずいぶん長持ちしてくれるものです。
ぱぱっと出来ることも楽しいですけれど、何かに集中して考えるのは充実感が大きいと思います。
私はしょっちゅうなんです。 試行錯誤だらけで、他の人より時間がかかります。
だけどおかげで、脳みそが覚えていなくても、手が覚えてくれました。
makoさんの試行錯誤、きっとたくさんのものを生んでくれるはずですよ!

私のサイトを参考にしてくれているのですか。
とても有難いです。分かりやすいと仰って頂けて恐縮です。
もっと分かりやすい言葉はないか・・と悩むのですが、やっぱり説明は苦手ですねぇ。
理解してくれる人の存在に感謝です~

ブレスレットの端の始末。適当、って仰っていますけれど、私もそうです。
それでやはり、徐々に改良していくような、そんな感じでここまで来ました。

最初から最後まで手とり足とり、何かしらで学べることってないものだなぁ・・と。
講習などを受ければまた違うのでしょうけれど、独学は字の如し。
ひたすら観察と資料集めと、一番効果的な『作ってみる・使ってみる』の繰り返し。
私はこれ未だ、続行中です。

どうぞ焦らず、ご自身の丁度良い歩調で、楽しく作って下さいね。

2012.10.11 09:29
mako
返信有難うございます!

そうですか、目の前で見てみたいです!
ただ当方北海道なもので(汗)それも難しいかと…(笑)
写真をよく観察してがんばって見ます^^

EAさんのご説明は上手だと思いますよ~
いろんなサイト見ましたが、素敵な作品といい、わかりやすい説明といい自分はここに落ち着かせていただいてます。(EAさんの作品が大好きです!)

先日は8本編み-2を参考にさせていただき製作しました、次は6本平編みの模様ありをチャレンジしてからこの編み方をじっくり考えたいと思っています^^

そうなんですよね~始末の方法…いつも悩みます…
以外にブレスなどの始末に仕方は書いてないのでいつも適当でして(汗)
自分でこれと言う始末の仕方も出来ない初心者なので、少しずつ勉強して行きたいと思います。
2012.10.11 00:03
ea
makoさん、はじめまして! お出で下さってありがとうございます。
悩みながら革を編み始めた・・・とか。私も悩み悩み編んでました(笑)皆、一緒ですねぇ。

このブログをちょくちょくご覧になって頂けていると知り、とても嬉しいです。
makoさんの制作の何かに、お役に立てればさらに嬉しいです。


さてこのブレスレットなのですが、ちょっとこう、何と言いましょうか・・・
説明するのが少々難しい編み方です。目の前で編み方を見たほうが早いタイプです。

かりに言葉のみで編み方をお伝えできても、次は始末の仕方がまた面倒でして・・・
編みあがりの始末の仕方はいろいろとあると思うのですが、
一番簡単に出来る方法は、人それぞれ異なるためどれが良いものか。

このブレスレットの場合、全部が繋がっていて、留め具のみが木製ボタンです。
これは7本で編んでいるのですが、徐々に本数が減り、最終的に2本になっています。
本体は丸編み寄りの、平編みみたいな、そんな編み方だと思って下されば。

う~ん、ちっとも分かりやすくないですね・・・ 
すみません~


気付けば、返信も長くなってしまいました。すみません。

私に、人様に何かお伝えすることが出来るなら、お役に立ちたいと思います。
makoさんの質問は、きっと私が最初のころに感じた疑問と似ているかもしれません。
まだ分かっていない部分も多い私なのですが、お答えできる範囲でお伝えします。


コメントをありがとうございました!

2012.10.09 16:51
mako
はじめまして^^初めてコメントさせていただきます。

最近日々悩みながら革を編み始めた初心者です。
編み方を調べてネットサーフしてるうちにここへたどり着き、いつの間にか自分のバイブルのように参考にさせていただいていますm(_ _)m

どの作品も素敵で、しかも端革に対する思いなど自分もそうであることができるように居られたらと思っていました。
自分もいつか心のこもったこんな素敵な作品を生み出せればと思っています!

このブレス素敵ですね!自分の編んで見たいですが…
EAさんように想像力も技術力もありません(汗)
もしよろしければ『偶然の出会いを』ご教授願えればと思います。
もしお暇があればその時はよろしくお願いしますm(_ _)m
2012.10.08 11:51
ea
青砥大川堂さん

こんばんは~ お元気になさっていますか?

守破離の言葉を聞けるとは、何とも身に余る・・そんなふうに仰ってくださって有難いです。

革の編み方はとてもたくさんあるのですが、編みの名称と方法がいつもセットで思い出せないんです。
だから手が知っていてくれてると、こうして自分でもよく分からないうちに新しいことに繋がってくれる時も。
私は記憶力が低いようなので、体が覚えてくれてることで本当に助けられています~

青砥大川堂さん、お越しいただいて嬉しいです。またどうぞいらしてくださいね。
これから暑くなります。お体に気をつけて、お元気で!

コメントをありがとうございました! 

 
2012.05.22 01:06
青砥大川堂
教本の内容を頭で理解して、手が覚え、そして新しい編み方の境地に至る。
武道でいう「守破離」を感じました。

教本のやり方をひたすら「守」り、そのやり方を「破」り、いつの日か「離」れる。

いつも作品を目で楽しませてもらっています。

ではでは
2012.05.21 21:01

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。