スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たくさんの想いに

.11 2012 一人芝居の部屋 comment(3) trackback(-)
    



メモ帳に付け続けている日記の、ある日の一部を抜粋した。

何日か前のもので、たまに自分の生活の変化にうっかりネガティブになる時、
私は自分の家の中を見て、あることを想う・・・といった内容だ。

それは、沢山の人たちの作った作品にある。





・・・・・・私の部屋の本棚には、
銅板作家さんの作った、朗らかな豚の親子とクリスマスツリーが飾ってあります。
美しい色の銅の栞も本にあります。

お風呂場に行くとその存在を香りでまず知らせる、
西のお母さんが作った芳しい手作り石鹸もあります。

いまはもう連絡も絶った人のもので、
遠く地球の裏側から送ってくれた、かわいいフェルト作品も玄関にあります。

無名の外国人革職人のおおらかなラップトップ・バッグも額縁にかけてあります。

ほんの数日間、展示でご一緒したレース編みの人からの玉のようなシュシュは、
私の髪をよくまとめてくれます。

ガラス作家さんのマゼンタの色もアクセサリー箱の上にあります。

白木の棚には、先週末やってきた思い出を縫う人のお土産、
ウサコ人形もほのぼのした顔をして飾ってあります。

工具入れの缶に巻かれたレトロでデザインの良いラベルは、西のカフェの店長のもの。

私の携帯電話のケースには、職人さんが切り出した後のポケット用の革が使われ、
彼の作ったキーホルダーを毎日手に取って家の鍵を開け閉めします。

ローマの金細工職人の輝く小さなマリア様、
イスラエルのロザリオ職人の木彫りのロザリオは
私が毎日祈る相手です。

アメリカ人の詩人がくれたメモ一枚分の詩は、20年以上も私を励ましてくれています。



    
数えていけばまだまだ沢山ある『誰かの手作り』。

誰かが、自分の好きな何かを、
見たくて・作りたくて・一生懸命になったものが、私の家には溢れています。

    
そうした温もりのある重さに触れていると、私は実に恵まれていると思わざるを得ません。

    
なぜなら、この温もりある作品たちの側に生きていることによって、
私は自分の居場所を知らず知らずに確認していられるからです。
静かな力強さに満ちる、画家の描いた連山の絵が、
何枚にもわたって空間を取り囲みながら守ってくれる中・・・・・

    

・・・・・自分の作った作品群がひしめく部屋に生活し、
手作業を愛する人たちが制作した作品が、さらに色合いを強めて溶け込む場所があること。

私は自分が作り手であることの位置をちゃんと知ることが叶い、
信じていることも出来るのです。

これは実に素晴らしい足場であり、支柱であり、
安堵の椅子が置かれた場所ではありませんか・・・・・








革細工が以前ほど出来なくなったな、と時折悲しくなる夜もあるけれど、
そういう時、頭を上げて、立ち上がって部屋を見渡すと、
目に飛び込んでくる、たくさんの人たちの作る思いを見ることが出来る。

有名になった人もいれば、無名の人もいるし、
職業として成り立っている人のものもあれば、
自分の表現として制作を続けている人のものもある。

どんな人がどんな環境で作っていたにしても、全て、誰かの手の中から、
誰かの思いを受け入れながら出来上がった作品に違いはない。



それは私もまた、そうであるに違いないと思えば、
いま現在、若干革のもの作りが減った程度で悲しむなんておかしなことだ。

いつ作ったって良いだろう。

毎日じゃなくたって、ひと月以上隙間があったって、
出来上がるものの重みに差なんてないのだ。 仕上がりを気にするのは、その後の話だ。



時折。

疲労のせいか、何のせいか、不意に沈みかける心があっても、
たくさんの作家の、それぞれの思いを詰めた作品を手にとると、ふーっと消える。

みんな、いろんなことがある中で、この作品を作っているんだろう。
みんな、その人それぞれの荷がある中で、こうして素敵なものを作り出したんだろう。


そんなことを想いながら、一つ一つの物言わぬ力強い作品に引っ張りあげられている。


私も頑張らないと・・・と、思う頃には笑顔が出るんだ。




いつもありがとう。








anyone.gif





スポンサーサイト

comment

ea
よしさん

ご連絡をありがとうございました。数ヶ月に渡ってメールボックスの不通があり、
まことに申し訳ないです。

厚かましくはありますが、よしさんの連絡先に先ほどメールを出しましたので、
どうぞご確認をお願いいたします。

ご連絡頂き、ありがとうございました。 


美しいワイン色のガラス、どうぞ奥様によろしくお伝え下さい。
光が跳ねるたびに心が躍ります。
いつまでも大切にします。

2012.07.12 13:56
bulles~en~ciel
続けざまでごめんなさい。
お伝えしたいことは、こちらの記事に関連することです:
http://bulles-en-ciel.blogspot.jp/2012/07/blog-post_04.html

ペンダントのご紹介、ありがとうございました!
2012.07.12 10:26
bulles~en~ciel
eaさん、おひさしぶりです。
メールがずっと不通のようですね。
ご連絡したいことがあるのですが、メールをいただいてもよろしいですか?
ご連絡お待ちしています。
よし
2012.07.12 10:19

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。