スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏温度

.02 2012 一人芝居の部屋 comment(0) trackback(-)
d0802.jpg







雲は輝くように、真っ白よりもさらに神々しい光の色に縁取られて、
昼の空は、神様が刷毛で一塗りした、スカッと抜けるような明るい青。


何て空なんだ。


何て美しいんだろう、何てきれいさだろう。


と、思うんだけれど・・・
暑い。 この空の象徴するところは、まさしく夏空真っ盛り。




暑すぎる。 たまったもんじゃない。
こんなすごい暑さは久しく味わっていない。いや、毎年暑さには音を上げるんだけど。


よく分からないんだが、湿度があるというだけでここまでひどいのか。
海近い場所にある私の住まいは、信じられないくらい暑くなる。

海が近いことで、他の地域の人には爽やかそうなイメージもあるようなのだが、
いやいや、家の中なんて蒸し風呂に近いものだ。実際。
海からの風が気持ちよいのは、季節による。 確かに、潮風にうっとりする季節がある。

が、夏は違う。
私には、絶対違う。
 
夏の潮風がある日部屋に入ってくる時、それは宣戦布告をされたようなものなのだ。
・・・宣戦布告どころか、一方的に耐え忍ぶに徹するのが常だけど。


と、こんなことを毎年書いているような気がしないでもないが、
今年の暑さは容赦ない感じがする。
エアコンがない、ということがこれほど肉体を痛めつけるとは思わなかった、と
そんなぼやきがぼろぼろ出る日々だ。
夜寝れもしなけりゃ、日中に何か作業なんて出来やしない。
冷蔵庫の食料のいたみも足が早過ぎる。というか、それ以前に冷えやしない。

どうにかして何かしら改善しないと、危険だ。




こうなってくるとちっとも作る気が起きない。
頭に浮かべた側から意識が飛んでしまう。

この時期の乗り越え方をどうにか、どうにか考えないと。
秋が来てからでは、制作が追いつかなくなるだろう。
一年の後半は何かと作る用が増えるというのに。




だめだ。ご無沙汰の日記だというのに、弱音しか書けない・・・


ああ、どうぞ皆さん。
暑さに気をつけて、できるだけ涼しく時間をお過ごし下さい。

いっぱい食べて、どうぞ元気で。





スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。