スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大雨の後

.20 2009 一滴の栄養の部屋 comment(0) trackback(0)


午前中は大雨だった。
バケツがひっくり返ったよう、とはこういうことかと思う降りだった。

昼を過ぎると日が差し、外に出たくなった。
やることはとりあえず後回し。海へ行くと、そこには普段ない砂浜が見えた。
雨の後の浜辺は多くの『死』を抱えていたから。





軟骨と赤みのある血管が残る小さな頭蓋骨。

いつの死か。顎の骨だけになった鯛の顎。





軸だけの貝の螺旋。





波にもまれたか、寿命だったか。どこにも傷のない小魚。





ずいぶんな時間を砂と波にまかせた黄味がかった馬の歯。



砂浜には山積みの石と海草が、堤のように波打ち際に線を引いていた。
午後の金色の光と強い風に流される壁画のような雲が、空一面を描いていた。

幾つもの死。 何十年も前の死も、ついさっきの死も、
海は砂の上においていく。
沢山の命の終わったあとをゆっくり歩いてずっと見ていた。

いくつかを拾い、あるものは海へ戻し、
あるものは私が身に着けるものへ変える。
厳かな時間だと思うのも、自然の営みと思うのも、
どっちであれ小さな勝手かもな、と光る海を見て感じた。


神様、生き死にのある体に生かしてくれてありがとう。




スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/79-43d9d6a4

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。